トップページ

    このサイトではアコードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アコードの買取相場を検索して高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    ホンダのアコードを高く売るために大切なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社のみとか近所のホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比べることができるので、アコード(ACCORD)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社とダントツ№1!最大で50社にアコードの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからアコードの買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが今乗っているアコードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、ホンダのアコードを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から電話連絡が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アコードの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話もアコードの実車査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアコードの買取相場ってどれくらい?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアコードでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダ・アコードを査定してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛車のアコードを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社がアコードの査定額を出してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアコードを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・アコードの買取査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用したアコードを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは結構うれしいですね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がホンダ・アコードの査定してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    売却予定の車を査定に出したときに、値段がつかない場合も出てきます。

    その車が「過走行」と呼ばれる走行距離10万km以上の状態だったり、事故を起こしてかなりの部分修復した車などの場合は査定額が出ないことがあるのです。

    多くの中古車買取店を回ったとしても一様に査定金額がゼロ円だった際にも、普通の買取店舗ではない廃車専用の業者に引き取ってもらう方法もあるので、気落ちして売ることを断念することもないでしょう。

    これは中古車査定の場合だけではなくて、どんなジャンルの場合でも同様ですが、レビューには絶対と言って良いほど否定的なものがあります。

    いくつかの否定的な意見があったとしても、それらの悪い口コミにだけ左右されると最終的には何も手に付かずということになるかもしれません。

    みんなの意見は参考にするだけで、先ずは自分から無料の査定申し込みを行ってみて、そのときに自らが受けた印象を大切にすることがより良い選択ができる要となるのです。

    たいていの場合、中古車販売店の大手では、いつも様々なキャンペーンを展開しているといっても良いでしょう。

    キャンペーンのほとんどは車売却の際に受けることが出来るのが普通ですが、キャンペーンの中には無料査定をするだけで対象になるケースもあるのですよ。

    詳細は、ある決まったホームページから無料の中古車査定を実施するとポイントがたまるなどのケースがあります。

    ただで査定をしてポイントを貰い、実際には売却しなくても構わないため、無料査定するだけでプレゼントが貰えるキャンペーンがあったらぜひトライしてみましょう。

    車を売るならまず下準備を整えておくと、いざ査定というときにバタバタすることもなく、買取額が増える可能性もあります。

    例えば掃除なら、誰にでも出来ることです。

    それと、いわゆる改造車(パーツ交換した車)であれば、純正パーツを保管してあるのなら本来の姿に戻しておくべきです。

    業者による査定では純正品のままのほうがプラスがつく可能性が高いのです。

    最後に、もしなるべく短時間で売却したいという時は、事前に印鑑証明や納税証明書など必要書類を揃えておくと良いです。

    中古車の査定士は訪問査定時に決まった項目に従い、車の価値を算出していきます。

    その項目が基準点からどれだけ良いか悪いかを見た上で、プラスマイナスを加味して最終的な査定額となります。

    では、具体的にどのようなところがチェックされるのかというと、当然ながら事故歴、そしてボディの状態(キズ、へこみ)、過去の修復に関することと、改造パーツの有無、走行距離などです。

    場慣れした担当者が訪問するので、過去の修理歴について忘れたと言ったり、知らないふりをしても、バレずに済むはずがありません。

    延べ走行距離が10万キロ近いかそれ以上の車は、過走行車(多走行車)などと呼ばれ、一般の中古買取店などで査定してもらっても値がつかないで、実質引取りのみなんてことも珍しくありません。

    見えない故障などのリスクを懸念して値付けができないのは、事故車も過走行車も共通しています。

    こうした車は普通の中古車と同じ売り方をせず、多(過)走行車や事故車を専門に扱う会社に最初から依頼した方が良いです。

    もしくは買取りはあきらめて、ディーラーでの買い替え時に下取りに出せば、長期的な顧客獲得につながるわけですから、そこそこ値段をつけてくれることも考えられます。

    月々のローンの返済がまだ残っている場合でも売ろうと思えば車を売れないこともありません。

    もっとも、車検証の所有者が売主である必要があります。

    そこにまだローン会社の名前が記載されている状態では、すべての債務の返済が済むまでのあいだはローン会社所有の車ということになりますから、売却するとしたらローン完済後ということになるのです。

    もっとも、ローン会社の許諾が貰えるようでしたら、売却と同時にその利益をもって完済するという方法もあります。

    それまで乗っていた車を新しい車に買い換える場合、古い方の車が不要になるので、ディーラーに下取りしてもらうというのはよく聞く話です。

    同じところで購入も売却も済ませられるので、自分で買取業者を見つけて売るのと違って買い替えにかかる手間は半分で済みます。

    ただ、ディーラー下取りと中古車屋の買取を金銭的な損得で比較すると、業者に買い取ってもらうほうが高い値段がつくといった違いがあります。

    下取りは強制ではありませんから、売却で利益を出したければ、中古車買取業者に依頼する方が良いのは言うまでもありません。

    車の売却をするうえで、車検の有効期間が丸々残っているような場合には、プラスの査定になると考えて良いです。

    しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、車検の残り期間が数ヶ月となると見積金額アップは望めなくなります。

    しかし、中古車査定額を高くしたいがゆえに売却前に車検を通す必要性は低いのです。

    たとえ車検の有効期限がフルで残っているような場合でも、査定額アップの分が車検を通す費用以上に高くなる事は望めないのです。