トップページ

    このサイトではアコードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アコードの買取相場を検索して高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    ホンダのアコードを高く売るために大切なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社のみとか近所のホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比べることができるので、アコード(ACCORD)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社とダントツ№1!最大で50社にアコードの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからアコードの買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが今乗っているアコードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、ホンダのアコードを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から電話連絡が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アコードの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話もアコードの実車査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアコードの買取相場ってどれくらい?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアコードでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダ・アコードを査定してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛車のアコードを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社がアコードの査定額を出してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアコードを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・アコードの買取査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用したアコードを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは結構うれしいですね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がホンダ・アコードの査定してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    中古車買取専門店で査定金額を算出する場合においては、その見積金額に大幅に影響を及ぼすのが走行距離です。

    基本的に走行距離がアップすればするほど査定金額は低下していくのです。

    総走行距離数が5万km以上の車は多走行車と言われていて、中古車の見積額をマイナスにする要因となり始めることがあるのです。

    総走行距離が10万キロを越えた場合には過走行車という扱いを受け、ものによっては査定額が付かないことも出てきます。

    中古車を見積もる際の基準は、車の年式や走行距離の程度、内装やボディーの傷などの有無や事故歴の有無などです。

    これらチェック項目のうち、車の内装や外装に関しては、事前にしっかりと掃除することで査定額はアップするでしょう。

    事故を起こしたことがある場合は、査定士のプロの目で見れば隠しても一発で判明しますから、正直にハッキリと伝えましょう。

    これらの査定基準を確認してから、その車種のオークションの相場金額を加えて判断し、実際の査定金額を導き出します。

    なるべく丁寧に乗車していても付いてしまう幾分かのキズや微細なヘコみなどは、マイナス査定にならないケースがほとんどですから、それ程気に病む必要はないといえます。

    明らかに爪が引っ掛かるくらいのキズがあったりしっかりと目で分かるへこみ、塗装がはげていたりしては減点の対象に含まれますが、減額されるのが嫌だからと言ってたとえ自分で修理してもその修繕費用よりも査定金額が上回ることはないでしょう。

    出張査定を買取業者に依頼すると、来る業者は皆一様に契約を急ぐはずです。

    売主が魅力を感じる条件、つまり金額アップをちらつかせて即時契約を求める熱いトークが始まるのですが、それが普通なので即決はしないほうがいいです。

    中古車売却時には複数の会社から見積もりをとって競合させるのが高額査定を得るためのセオリーだからです。

    とりあえず多くの会社から見積りを出してもらい、金額の比較ができるようになってから次の交渉段階に進めばいいのです。

    けして焦りは禁物です。

    車を買い取ってほしいからと買取店に自分で持ち込んで当日中に査定してもらいたい時は、もしかすると待つことになる可能性はあるものの、突然の持ち込みでも対応してくれます。

    但し、持ち込んだ一社にしか査定してもらえませんから、まったく相場を掴まずに価格交渉することになります。

    つまり本来の価値より低い価格で買い取られても気づかない可能性が高いのです。

    一社より多数の会社に出張査定依頼するほうが満足のいく結果が出しやすいです。

    改造車というのは中古車査定では不利と言われますが、実際に車を見てみなければ何とも言えません。

    改造パーツといえども評価が高くて人気があれば場合によっては加点も期待できます。

    とはいうものの、肝心のパーツが傷んでいたりすると中古車市場に出す前に業者が補修する必要があるので、その分だけ減点されるはずです。

    それから、買い手が躊躇するほどエキセントリックなものも、業者としてはマイナスをつけざるを得ません。

    そのような結果にならないよう、査定時には車はノーマルに戻しておき、まだ需要がありそうなパーツならそれだけを売る方が金銭的にはオトクです。

    月々のローンの返済がまだ残っている場合でも売ろうと思えば車を売れないこともありません。

    もっとも、車検証の所有者が売主である必要があります。

    そこにまだローン会社の名前が記載されている状態では、すべての債務の返済が済むまでのあいだはローン会社所有の車ということになりますから、売却するとしたらローン完済後ということになるのです。

    もっとも、ローン会社の許諾が貰えるようでしたら、売却と同時にその利益をもって完済するという方法もあります。

    それまで乗っていた車を新しい車に買い換える場合、古い方の車が不要になるので、ディーラーに下取りしてもらうというのはよく聞く話です。

    同じところで購入も売却も済ませられるので、自分で買取業者を見つけて売るのと違って買い替えにかかる手間は半分で済みます。

    ただ、ディーラー下取りと中古車屋の買取を金銭的な損得で比較すると、業者に買い取ってもらうほうが高い値段がつくといった違いがあります。

    下取りは強制ではありませんから、売却で利益を出したければ、中古車買取業者に依頼する方が良いのは言うまでもありません。

    車の売却をするうえで、車検の有効期間が丸々残っているような場合には、プラスの査定になると考えて良いです。

    しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、車検の残り期間が数ヶ月となると見積金額アップは望めなくなります。

    しかし、中古車査定額を高くしたいがゆえに売却前に車検を通す必要性は低いのです。

    たとえ車検の有効期限がフルで残っているような場合でも、査定額アップの分が車検を通す費用以上に高くなる事は望めないのです。