トップページ

    このサイトではアコードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アコードの買取相場を検索して高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    ホンダのアコードを高く売るために大切なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社のみとか近所のホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比べることができるので、アコード(ACCORD)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社とダントツ№1!最大で50社にアコードの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからアコードの買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが今乗っているアコードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、ホンダのアコードを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から電話連絡が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アコードの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話もアコードの実車査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアコードの買取相場ってどれくらい?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアコードでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダ・アコードを査定してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛車のアコードを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社がアコードの査定額を出してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアコードを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・アコードの買取査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用したアコードを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは結構うれしいですね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がホンダ・アコードの査定してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    なるべく手持ちの車を高く売ろうとして中古車の買取会社と査定金額の交渉を行う際に肝心になってくるのは、軽々しくこちらから希望する査定額を提示しないことです。

    相場価格を事前に確認しているのならまだ良いのですが、チェック済みではないのならば自分で相場よりも低めの価格を提示してしまうかもしれませんので、価格を低めに言ったときには確実に損します。

    見積金額について買取会社と価格交渉をするつもりならば、前もってしっかり相場価格を把握しておく必要があるでしょうね。

    中古車買取業者の中には、軽自動車専門だったり、事故車や輸入車など、限定された種類の車の販売を得意とする、または専門的に扱っている買取業者があるのです。

    たとえばの話、自分が乗っている売却希望車が軽だったら、軽自動車限定で扱っている会社に売った方が高く引き取ってもらえる可能性が出てきますよね。

    このような特定ジャンルに特化した業者は一括査定サイトを利用した際に、一般的な会社よりも少々高値を提示してくるため、それと分かるのです。

    ちょっとでも高値で中古車を売却するコツは、即決で売却しても良いんだという意志を強く出すことでしょう。

    暇つぶしに査定はしてもらうが売るのはもっと先になるだろうという人よりも、価格が折り合えば今日直ぐにでも車を手放してくれる売り手の方が中古車買取業者にとってありがたいでしょう。

    車を直ぐに売却してくれそうだとなれば、ほかの店舗に逃げられないように査定金額を引き上げてくれるかもしれないのです。

    10万キロ以上走った車というのは、中古車市場では過走行車というカテゴリーになり、中古車買取業者に査定に来てもらってもほとんどタダみたいな値段になってしまうことが多いです。

    リスクがあるから値段がつかないという点では事故車と同じ扱いです。

    こうした車は普通の中古車と同じ売り方をせず、走行距離数の多い車を専門に扱う業者や事故車を取り扱っている販売店などに相談するなどの工夫が必要です。

    でなければ下取りを考えるのもありでしょう。

    それならディーラーも「今後のお客様」相手ですから、それなりの価格を提示してくれるでしょう。

    買い替えや処分などで車を手放す際に考えられる選択肢は、下取りと売却の2種類に尽きるでしょう。

    売りに出すなら出来るだけ多くの買取店舗から相見積りをとることで金額を競わせ、おのずと高額買取りも期待できるでしょう。

    その一方、下取りはというと、競合する相手がいませんから安く見積もられてしまう可能性もあります。

    とはいえ、一箇所ですべての手続きが終わるという利点もあります。

    どちらを選ぶかは車の持ち主次第です。

    業者は年式や色といった机上データのほか、独自のポイントシステムで車の価値を算出していきます。

    標準的なレベルを元にそれより上か下かを項目ごとに見ていき、プラスマイナスを加味して最終的な査定額となります。

    採点されるポイントは、事故歴、修理歴、傷、故障、あとは走行距離ですが、年式の割に走行距離が短いとプラスになることもあります。

    これまで多くの査定をしてきたプロが査定するので、修理歴を隠蔽したところで隠しおおせるとは思わない方がいいです。

    買取業者に車を売る際の手続きを具体的にあげると以下の通りです。

    手始めに査定サイトなどから申し込み、実車査定なしの簡易査定額を算出してもらいます。

    それから業者が来て実車査定を行い、車の状態に応じた査定額が決まります。

    提示額が不満なら交渉の余地があります。

    そして価格や条件に不満がなければ売買契約を締結します。

    引取日が来たら車を買取業者に引き渡し、所有者の移転登録等の手続きがひと通り終わった後で業者から売却代の振込があるのが普通です。

    あまり馴染みがないかもしれませんが、自動車を業者に買い取ってもらうのではなくて、個人売買という方法も存在します。

    売買の間に業者が介入しない分だけ、売却する側はなるべく高く、購入する側はなるべく安く売り買いすることができます。

    しかしながら、契約書などの手続きを全て個人で行うことになるので手間取ることが目に見えていますし、金銭トラブルに発展する可能性が少々高くなります。

    お金に関しては、なるべく一括払いで払ってもらうようにすると後々トラブルに発展する可能性が低くなります。

    家族名義の車や別居の親族の車なども正式な手続きを経ることで売却が可能になります。

    一般的な契約で必要とされる書類のほか、この場合は名義人からの委任状(認印不可、実印のみ)と印鑑証明、車を誰が誰に譲渡したのかという譲渡証明書が不可欠です。

    但し、亡くなった方が所有者となっている場合は、印鑑登録も無効になりますから単純にはいきません。

    ですから、運輸支局で移転登録を済ませ、車が新たな所有者のものとなった時点で売却が可能になります。

    その場合は書類も増えますし、売るのは簡単なことではありません。