トップページ

    このサイトではアコードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アコードの買取相場を検索して高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    ホンダのアコードを高く売るために大切なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社のみとか近所のホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比べることができるので、アコード(ACCORD)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社とダントツ№1!最大で50社にアコードの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからアコードの買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが今乗っているアコードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、ホンダのアコードを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から電話連絡が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アコードの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話もアコードの実車査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアコードの買取相場ってどれくらい?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアコードでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダ・アコードを査定してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛車のアコードを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社がアコードの査定額を出してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアコードを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・アコードの買取査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用したアコードを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは結構うれしいですね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がホンダ・アコードの査定してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    できれば車の査定を申し込むなら夜間や雨が降っている日の方が良いという人もおり、少々査定額が高く出るという説が世の中にはあるようです。

    当たり前かもしれませんが夜は暗いですし、雨だと水滴のせいで車体の傷などが見えにくくなるというのが夜間などに査定依頼すべきだとの根拠になっています。

    そんな説があっても、じつのところそれで高値を付けてしまうほど甘い査定をする店舗があるわけはないのです。

    甘めの査定をすると言うよりも、万一本当に気付かなかったときのことを考えて、晴れた日中に査定する場合よりも少々査定額を抑えられてしまうこともあるでしょう。

    中古車買取専門店で査定金額を算出する場合においては、査定金額に大きく影響するのが走行距離です。

    基本的に走行距離がアップすればするほど査定金額は低下していくのです。

    走行距離が5万キロメートルを越えてしまった車は多走行車と言われていて、中古車のマイナス査定に影響を及ぼし始めるケースがほとんどです。

    10万kmを越えて走っている車は過走行車という名称で呼ばれ、ものによっては査定額が付かないことも出てきます。

    たいていの場合、中古車買取専門店においては、見積もりを完了するために要する時間というのは待っているロスタイムを除いて10分少々です。

    なぜかというと、査定する時点での車種ごとの中古車オークション相場などを参考にして基礎となっている中古車の査定額が定められていて、ここから各部位の状態、および走行距離などを目で確かめて、走行距離などに応じた減額、加算をしたら簡単に最終査定金額を出すことが出来てしまうからです。

    車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。

    基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。

    そして極端なところでは10万キロ以上走った車は過走行車と言われ、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。

    ただ、車が全く売れないということではないので安心してください。

    この業界には一般の中古屋とは別に、過走行車専門店があります。

    そういった業者に相談すると、パーツや部品ごとに細分化して見積りを行い、それなりの額で買い取ってくれるでしょう。

    中古車屋の査定というのは、見落としのないよう細分化されたリストがあり、それぞれの標準からプラスいくつ、マイナスいくつといった方法で点数をつけていき、価格を総合的に割り出すようにしています。

    中でも減点対象としてはずせないのは外装のヘコミ、キズ(大きなもの)です。

    けれども素人手でなんとかしようと修理に手を出したりすると、却って減点が大きくなるケースも多いです。

    自動車修理の実績と道具があるのなら別ですが、通常はそのままで売りに出したほうが良いでしょう。

    外車というのは国産車と比較すると、中古で売却するときの価格が安く、損であるように言われています。

    日本全国での車の流通実績で見た場合、輸入車というのは二大国産メーカーのそれと比べても極めて少なく、市場価値の判断がつきにくく、業者や地域による差が出やすいのです。

    安値で買い叩かれないようにするためには、なるべく多くの業者の査定額を集めて検討するのが有効です。

    一度に多数の中古車屋に一括で見積りを依頼できるサイトがありますが、こうしたサイトを使うと複数業者の査定額が本当に簡単に手に入ります。

    車を買い換える際に古い車の下取りをディーラーに依頼するのは珍しくありません。

    購入した店で引き取ってくれて、しかも新車は割引になるので、自分で買取業者を見つけて売るのと違って買い替えにかかる手間は半分で済みます。

    ただ、ディーラー下取りと中古車屋の買取を金銭的な損得で比較すると、業者に買い取ってもらうほうが高い値段がつくといった違いがあります。

    安い値段で下取りされると後悔が残りますし、高く売るつもりなら少々手間をかけてでも買取業者に査定してもらったほうが良いでしょう。

    自己が所有する中古車を売ろうとするときには、もし故障しているところがあったらスタッフに言うべきです。

    だからといって、査定前に修理することを勧めているのではありません。

    どの程度故障しているかによっても評価が違ってきますが、それでも前もって修理に出しておくことはむしろ修理をすると損するのです。

    車を買い取った後から業者が修理に出すときのお金と個人が修理するために出す費用では、個人で修理に出す方が俄然お金がかかります。

    ですから、実際の修理費よりも査定額に反映される金額の方が少なくなってしまうのです。

    今まで乗ってきた車を中古車業者に売る際に所有者がすることは、二つほどあり、とりあえずするべきなのは相場の机上調査です。

    これはネット一括査定などを利用すれば簡単です。

    査定額が安いか高いか判断する基準がなければ、明らかに損な価格で売却する場合もありえるからです。

    そして二つ目として、車の大掃除をしておきましょう。

    ボディは埃を落とす程度に洗車してあればOKですが、車内は今までにないほど丁寧に掃除しておきたいです。

    拭ける部分は拭きマット類は洗ってよく乾燥させましょう。

    臭いがあると査定士はマイナスチェックをしますし、使用感のある車は好まれません。