トップページ

    このサイトではアコードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アコードの買取相場を検索して高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    ホンダのアコードを高く売るために大切なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社のみとか近所のホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比べることができるので、アコード(ACCORD)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社とダントツ№1!最大で50社にアコードの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからアコードの買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが今乗っているアコードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、ホンダのアコードを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から電話連絡が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アコードの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話もアコードの実車査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアコードの買取相場ってどれくらい?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアコードでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダ・アコードを査定してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛車のアコードを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社がアコードの査定額を出してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアコードを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・アコードの買取査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用したアコードを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは結構うれしいですね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がホンダ・アコードの査定してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    中古車の買取業者が見積もりの際にチェックする項目と言えば、大雑把に分類するとどんな車種や色であるかの基本スペック、走行距離数がどのくらいであるかや、外装にキズがあるかどうか、車体内部の汚れや臭いがあるかどうか、過去に故障や事故を起こしていなかったかどうかのチェックなどが挙げられます。

    このような事項にあてはまる場合はマイナス査定になり、加点されるケースとしては、発売されたばかりのカーナビやオーディオが搭載されている場合などがあります。

    今現在の相場価格を考慮して以上の結果を総合して、買取希望者に提示される金額が決定されるのです。

    中古車の査定価格には、車体の色もかなりの比率で関係してきます。

    定番カラーである白や黒は安定した人気があるので、査定額が高めに出る傾向があります。

    反対に原色に近い赤や青などのビビットカラーは好き嫌いがありますので、人気の定番色と比較して査定額を減額される要因になるケースが多いと言えます。

    原色系は嫌われやすいと言っても、車の見積金額は中古車オークションの相場のタイミングにより上下しますので、流行次第である特定の車体色にプラスの見積もりがなされる可能性があるのです。

    少数の例外はあるかもしれませんが、車を売ったときに買取会社などから査定書が発行されることは珍しく、望んでもくれない場合が大半です。

    遺産相続の手続きの際や、自己破産申告を行う際の資産証明などで査定額が分かる証明書が必要になった際には、日本自動車査定協会(頭文字をとってJAAIとも呼ばれます)に見積もりをお願いしなければならないでしょう。

    日本自動車査定協会の事業所は国内に50ヶ所以上あって、査定してもらうには料金が必要です。

    また注意したいのが、あらかじめ予約制となっていることです。

    いままで乗っていた車を売却すると、次の車が納入されるまでに時間的な差があるというのは珍しいことではありません。

    なければないなりに過ごせる人はいいのですが、仕事や通勤などで車が必須であれば必要に応じて代車を用意してもらうことになります。

    けれどもすべての中古車取扱業者が代車手配をやってくれるかというと、そうでもありません。

    新しい車がいつ納入されるかにもよるでしょうが、必要になりそうなら、買取査定をお願いする時に代車手配が可能かどうか一社ずつきちんと確認しておかなければなりません。

    よく車の買い時とも言われる決算直前の3月や、真夏の酷暑が終わるとまだボーナスの影響が残る9月は自動車の販売は好調です。

    どの中古屋でも期間中になるべく多く売るには、仕入れも多くなければいけないと考えています。

    したがって中古車の買取額も高値基調となるのが普通です。

    売る時期を特に決めていないのであれば、このチャンスを逃す手はありません。

    逆に決算終了後の4月には査定額が低く抑えがちになるので高額査定を期待するのは難しいです。

    いま乗っている車を売却したいと思っているときに、査定価格を知る方法はおおまかに言って二つに分けられます。

    ひとつはカーディーラーで車を買い、同時に下取りとして査定してもらうことです。

    簡単ですし代車を手配する必要もないという気楽さが魅力ですが、一社だけという手軽さがアダになり、価格競争がないので当然ながら低めの査定額になるのは否めません。

    では中古車買取業者に査定依頼するとどうなるのかというと、少なくとも2社以上に依頼すれば競争になりますから、ディーラーの下取りよりは高値になる可能性が高いです。

    自動車を売却する際には書類が何点か必要になります。

    でも、車に関連した書類をなくさずにきちんと全部管理していて、尚且つ苗字や住所などの変更がないのであれば、新しく必要になるのは印鑑証明書だけです。

    それから、印鑑証明は所有する自動車を売却する時だけではなく自動車を買うときにも提出が求められますから、二枚同時にまとめて取得しておくと手間がかかりません。

    印鑑証明書は取得した日から3ヶ月間は有効です。

    所有する車の売却を決定したのならば直後に印鑑証明を取りに行くと、後々の契約手続きなどが滞りなく完了します。

    年間を通して一律なのではなくて、企業の決算月やボーナスが出たときなど、要らなくなった車を手放すのに適した時期というのは存在します。

    車が欲しいと思う人が増える時期には一緒に買取価格も上昇するからです。

    高く売れるタイミングがあったとしても、自動車を売却しようと思ったときがこれらの時期とかけ離れているときには、それらのタイミングまで待つ方が良いというわけでもないのです。

    じっさいの売却時期が遅くなれば車の全式も当然ながら進んでいきます。

    相場上昇によって恩恵を被るよりも、年式が進むことによる価格下落幅の方が大きくなることだって多いに予想できるのです。

    自動車売買に関する手続きの全てを他人に頼らずに自分の手で行える知識と時間があれば、車を個人同士で売買する方が一番高値で売れる方法と言って良いでしょう。

    個人売買するときにいざこざが起きやすいのが名義変更とお金の支払いに関することです。

    前者については、双方が決めた月日までにしっかりと行うように念書を残しておくと良いでしょう。

    料金トラブルに関しては、初回だけ支払ってそれ以降は逃げられてしまうことがないとも限りませんので、一括払いだけで対応することでトラブル回避できます。