トップページ

    このサイトではアコードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アコードの買取相場を検索して高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    ホンダのアコードを高く売るために大切なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社のみとか近所のホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比べることができるので、アコード(ACCORD)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社とダントツ№1!最大で50社にアコードの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからアコードの買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが今乗っているアコードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、ホンダのアコードを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から電話連絡が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アコードの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話もアコードの実車査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアコードの買取相場ってどれくらい?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアコードでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダ・アコードを査定してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛車のアコードを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社がアコードの査定額を出してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアコードを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・アコードの買取査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用したアコードを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは結構うれしいですね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がホンダ・アコードの査定してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    ウェブ上の中古車一括査定サイトの中には、自分の名前を記載せずに査定を受け付けてくれる場合もあります。

    結果を連絡してもらうために連絡先は書くようですが、誰しもむやみに個人情報は教えたくないでしょうから、有用なサービスと言えます。

    また、連絡先すら秘密にしたまま中古車の相場金額が分かるものとしては、メーカーのサイト上で車種や年式などを入力することで、現在の参考相場が分かる場合があります。

    でも、算出された価格はおおざっぱなものですから、やはり詳細な金額ではないので、あまり参考になるとも思えません。

    一般的に中古車の買取市場において言えることは、中規模や小規模の企業と、業界大手の企業では査定スタンスが少々違ってきます。

    大企業は資金力にも恵まれていますし、買い取った車は専用の販売ルートでさばくことができるので、車を躊躇せずに買い取っていきます。

    その一方で、基準に則った買取価格しか表示できず、自分で金額の交渉をしようにも最初からその幅がないのが本当のところです。

    大手と比較して中小はひとつひとつ丁寧にオークションを通して販売することが主で、関与した査定士によるところが大きく、高く売れるだろうと思ってくれれば見積もりがアップする可能性が大きいのです。

    売却予定の中古車を査定するときには、カーナビシステム等の付属品がついた状態だと査定額が高くなる傾向にあります。

    ただ、最近発売されている車にはすでにカーナビは付いているのが当然ですから、新しい型のカーナビシステムが付いていないと査定額がグンとアップするとは考えにくいのです。

    また、カーナビが付いているのが当然の時代ですから、カーナビシステム非搭載の時には査定の際にかなり低く見積もられる可能性も出てきますね。

    車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の走行距離は一年に普通、10000kmが目安と言われます。

    総走行距離数が5万キロを超えたところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、過走行車といって走行距離が10万キロ以上の車はゼロ円査定などという可能性もあります。

    その一方で、走行距離が短い車というのも問題です。

    総走行キロ数が車の年式の割に少なすぎる時には、却ってパーツが劣化して故障寸前になっている場合があり、あまり歓迎されません。

    業者に車を売却するときの心得として、あとでトラブルにならないためにもこちらが気をつけるべきポイントというのがあります。

    当たり前ですが、契約書にしっかり目を通すことです。

    不要なことは契約書に書かれていませんから、逆に言えば契約書の内容すべてが重要です。

    そして契約書は判を押した時点で効力が生じますし、了解したものという扱いになります。

    事前説明と異なる契約内容になっていないかなど金額やそれに関する諸条件はよく読んで理解しておく必要があります。

    表の文面だけでなく裏の小活字の文章や補足に至るまで読ませてもらい、サインしてください。

    今乗っている車を手放したいと思っても、査定目的で現物をいきなり店舗に持ち込んでしまうというのは良い方法とは言えません。

    相場もわからなければ、よその店の査定額も知らない状態ですから、価格交渉の根拠がなく、安値になる可能性が高いからです。

    考えられる利点というと、スピードです。

    店まで査定対象となる車を運び入れてしまうのですから、あらかじめ書類を整え、必要に応じて実印や印鑑証明も用意しておくと、その日のうちに契約締結も可能です。

    もう既に支払い済みの自動車税が残りの月数分返却される事があり、これは一般的な普通自動車を売らずに廃車にすると戻って来ます。

    普通自動車ではなく軽自動車の場合には、廃車にしても自動車税は月割りで還付されることはないのです。

    でも、自動車税の残り期間がかなり残っている場合などは、買取店側が税金分を査定金額に上乗せしてくれるケースが多いでしょう。

    しかしながら、自動車税のことについていちいち説明してくれるとは限りません。

    売却契約をする前に確認しておきたいことの一つですね。

    一般的に決算時期やボーナス時期には業者も買取に力を入れてくるので、要らなくなった車を手放すのに適した時期というのは存在します。

    車を買いたいと考える人が多くなる時期には車の需要につられて中古車買取の相場も高くなるからです。

    高く売れるタイミングがあったとしても、自動車を売却しようと思ったときが決算やボーナスの時期と大分離れていた時には、これらのタイミングまで待った方が良いわけではないのです。

    当然かもしれませんが、車を売る時期が遅ければ遅いほど旧式の車になっていきますよね。

    車の買取相場が上がってそれなりに査定額も上がるでしょうが、年式が進むことによる価格下落幅の方が大きくなることだって多いに予想できるのです。

    国内での流通実績の点からすると国産車に比べて外車は数が少な過ぎますから、査定を受けても買取店によって額は相当開きが出ます。

    よく確かめもしないで売るとあとで後悔するはめになりかねません。

    査定を依頼するなら輸入車専門の業者にした方が、外車に乗る客層のニーズを理解しているので本来の価値に則した査定が可能です。

    けれども輸入車であれば何でもいいわけではなく、実際にはベンツ専門店もあれば、英国車専門店もあります。

    ネットの一括査定サービスなどを活用し、業者を絞り込んでいくことが肝心です。