トップページ

    このサイトではアコードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アコードの買取相場を検索して高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    ホンダのアコードを高く売るために大切なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社のみとか近所のホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比べることができるので、アコード(ACCORD)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社とダントツ№1!最大で50社にアコードの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからアコードの買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが今乗っているアコードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、ホンダのアコードを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から電話連絡が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アコードの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話もアコードの実車査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアコードの買取相場ってどれくらい?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアコードでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダ・アコードを査定してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛車のアコードを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社がアコードの査定額を出してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアコードを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・アコードの買取査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用したアコードを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは結構うれしいですね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がホンダ・アコードの査定してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    査定のために自分の足で買取業者まで行く時間がないときなどは、ほとんどの会社では、業者が自宅などに出向いてくれる出張査定があります。

    自動車査定スタッフが実際の車の在る場所まで出向いて査定をしてくれて、結果を導き出す方法です。

    これは同時期に何社かの業者に来てもらって行っても構いません。

    多くの業者から同時に査定してもらえば時間短縮の利点もありますし、一緒に居合わせた査定スタッフ同士で査定金額の価格競争が起こるので結局のところ査定額が高くなる事が多いと言えるでしょう。

    買取業者との間で車の売却の時に発生するかもしれないトラブルには何個かあるでしょうが、その中にはとても悪質なものも存在します。

    見積金額を提示したので車を手放すと、その後になって、もう一度確認したら不備があったなどと実際の買取金額をグッと低下させられる場合も少なからずあります。

    最も悪質と思われる業者の場合は、手元から車だけなくなって、料金が入らない場合だって存在するのです。

    このような事案に自分が遭遇してしまったら、何はともあれ消費者生活センターなどの相談機関に出向くようにしてみましょう。

    通常、大多数の中古車の買取専門店では、中古車の見積もりにかかる時間は待っているロスタイムを除いて15分かかるかかからないかです。

    なぜかというと、査定する時点での車種ごとの中古車のオークションの相場などを基本としてあらかじめ基本となる査定金額が決定されていて、その金額から走行距離および各パーツの状態を確認した後に、車の状態に応じた査定額のアップダウンをすれば簡単に最終査定金額を出すことが出来てしまうからです。

    普通の中古車屋の場合、買取査定は無償というところが圧倒的に多いです。

    しかしながら手間がかからないからとディーラーの下取りで済ませてしまうと、あとで査定手数料をとられていたことに気づいて憤慨することにもなりかねません。

    ディーラーでは査定代は下取額と相殺する形になるので現金での支払いは発生しませんが、同じ「中古車」なので買い取りだろうと下取りだろうと似たようなものだと思っていると忘れがちなことですので、査定手数料が必要なのかどうか契約前に念のために確認するようにしてください。

    仮に有料だったとしても、交渉によって下取額の増額や手数料の無償化も期待できるからです。

    売却したい車で店舗に乗り付けてその場で実車査定を受けるなら、お店が特に混雑しているような土休日などでなければ急な持ち込みを歓迎する店は少なくありません。

    但し、持ち込んだ一社にしか査定してもらえませんから、他社の査定と比較することができないために相場に無知なままで売却することになります。

    従って市場相場を下回る値段で売買契約を結んでしまう危険性もあります。

    出張査定で複数の業者に来てもらう方が相場もわかり、良い値段がつきます。

    延べ走行距離が10万キロ近いかそれ以上の車は、俗に「過走行車」と言われます。

    一般の中古買取店などで査定してもらってもほとんどタダみたいな値段になってしまうことが多いです。

    車は命を預ける乗り物ですから、安全性を考慮して過走行車や事故車は敬遠されるのが普通です。

    そのような場合は一般的な中古車買取り業者は避け、多(過)走行車や事故車を専門に扱う販売店などに相談するなどの工夫が必要です。

    あるいは次の車に乗換える際にディーラーに下取りに出すと、これからお客になってくれると考えますから、値段がつく可能性が高くなります。

    車を手放す際に、車検の残り期間がほぼそのまま残った状態では、査定時にプラス評価が付きます。

    しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、車検切れまで残り半年くらいになるともはやプラス査定の材料にはならなくなります。

    しかし、中古車査定額を高くしたいがゆえに車を手放す直前に車検を通しておく必要はあまりないと言って良いでしょう。

    2年間近く車検の有効期限が残っているような車でも、車検費用以上に査定金額を上乗せしてくれることはないからです。

    たとえ自動車ローンが残っていようと全く車の売却ができないということはありません。

    それは車検証の所有者として書かれている名前が売主本人であるという条件がクリアできるならの話です。

    まだ名義がローン会社になっている場合は、残りの債務を返済しつくすまでは実質的な車の所有者はローン会社ということになるので、売却するとしたらローン完済後ということになるのです。

    ただ、ローン会社の許可さえあれば、売った代金で残債を消し込むのを条件に売却することもできます。

    何かしらの理由で所有する自動車を査定してもらいたい時には車検証だけあれば良いのですが、いざ売却するときには複数の書類が必要になってきます。

    普通自動車を売却するときには車検証のほかに自賠責保険証や納税証明書、リサイクル券、その他に実印や印鑑証明書を用意することになります。

    もし必要書類のうちの一つである納税証明書をなくしてしまったときには、普通自動車と軽自動車では再発行をお願いする場所が違うことを知っていると良いでしょう。

    売ろうとしている車が普通自動車だったら都道府県の税事務所ですし、軽自動車の場合には市役所などがその窓口になります。