トップページ

    このサイトではアコードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アコードの買取相場を検索して高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    ホンダのアコードを高く売るために大切なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社のみとか近所のホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比べることができるので、アコード(ACCORD)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社とダントツ№1!最大で50社にアコードの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからアコードの買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが今乗っているアコードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、ホンダのアコードを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から電話連絡が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アコードの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話もアコードの実車査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアコードの買取相場ってどれくらい?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアコードでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダ・アコードを査定してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛車のアコードを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社がアコードの査定額を出してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアコードを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・アコードの買取査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用したアコードを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは結構うれしいですね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がホンダ・アコードの査定してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    ご存知の人も居るでしょうが、ネット上において自分が売りたいと思っている車の査定を一度に複数の企業にお願いできてしまう、中古車の一括査定サイトが山のようにあるのですよ。

    これらのサイトで査定額を算出してもらったら、必ず売りに出す必要があるわけではなく、自分の足を使って複数の会社に査定してもらいに行く手間が省けるのです。

    利点が多いとはいえ、お店によっては車を自分のところで売却しないかとしつこく電話される事もありますから、携帯などに電話がかかってくるのが嫌な場合には、メールが連絡手段となっているところを利用すればしつこい勧誘電話を避けることが出来ます。

    通常、事故車と呼ぶことが多い修理歴車は、中古車査定においてかなり見積もりを下げてしまう要因の一つになるのです。

    そうは言っても、過去に修理したことがある車がすべて一様に修理歴車と見なされるわけではありません。

    車体の骨格にまで修理歴が及んでいなければ、板金でドアを直してあったりボンネットのへこみを直してあったりしても修理歴車という扱いを受けることはないのです。

    そうは言っても、修理歴車には相当しなくても、修理した痕跡がある車については査定時に減額されることが多いと覚えておきましょう。

    知っておいて損はないでしょうが、中古車買取の市場においては、大手の買取会社と小中規模の買取店舗では車を査定するときのスタンスが異なっているという点が挙げられるでしょう。

    大手の業者は中古車販売の独自のルートもありますし、資金力もありますから、ここぞとばかりに買い取りを進めていきます。

    しかしながら、会社内で取り決められた基準から外れた価格で買い取ることは不可能で、自分で金額の交渉をしようにも最初からその幅がないのが本当のところです。

    大企業に対して小中規模の業者は、一件一件オークション方式で販売することが多いため、査定したスタッフの判断によるところが大きく、高く売れると判断されれば一般的な相場の金額よりも高く評価してもらえる場合もあるでしょう。

    もはや修理もできない状態の車を「全損」と言いますが、この全損は、異なる二つの意味で使われています。

    修理しても車としての機能を取り戻せない物理的全損がまず挙げられますが、2つ目は保険の支払額で修理費をカバーしきれない経済的全損でしょう。

    保険の支払額というのは時価計算で、その時々の市場相場に基づいています。

    JAAI(日本自動車査定協会)が発行するデータブックを使い、保険会社は価格を割り出します。

    市場価格と保険会社が提示した金額に差があるなど疑問を感じた際は、納得がいくまで説明を求め、金額については交渉しましょう。

    どんなこともそうですが、準備さえ怠らなければ急に実車査定ということになっても落ち着いていられますし、査定額にプラスに作用することもあります。

    手軽なところで掃除から始めるといいでしょう。

    それから他メーカーのパーツに交換した車の場合は、本来のパーツに戻しておくことが大事です。

    業者による査定では純正品のままのほうが一般的に高値がつくからです。

    あとは、売却にかかる時間を短く済ませようと思ったら、事前に印鑑証明や納税証明書など必要書類を揃えておくと良いです。

    実車査定に来た業者は決められたシートにのっとって対象車の市場価値を計算するのが常です。

    ボディは小傷でマイナス何点、屋内保管で状態が良くてプラス何点などと、ひとつひとつ念入りに見ていくので、見落としというのはまずありません。

    採点されるポイントは、当然ながら事故歴、そしてボディの状態(キズ、へこみ)、過去の修復に関することと、改造パーツの有無、走行距離などです。

    査定のプロが見るのですから、補修跡や事故歴などが目立たないように取り繕っても、うまくいくはずがありません。

    それよりは誠実に価格交渉する方がトクです。

    自分が所有する車を売却しようと考えているならば、車体にキズなどがないに越したことはありませんね。

    でも、素人が傷を治そうとすると、プロが見たら修繕前よりも却って傷が目立つようなケースがあるので無理に直そうとするのは良くありません。

    あまり目立たないようなごく薄い傷は、査定対象外と見なされることも多いのです。

    素人で自動車修理をしたことが無い人の場合は、無理矢理自分で補修しようとせずに、そのまま買取査定に出すようにした方が結果的には良いでしょう。

    自分が車の所有車になっているということは、使用しているいないに関わらず維持費用はかかるのです。

    自動車税は毎年で、二年に一度の車検代、さらには自動車保険代金も必要ですね。

    ましてや、駐車スペースがなければ、駐車場の料金もかかってくるのです。

    所有する車を売却するかしないか考えている場合には、多額の維持費を支払ってでも車を所有する必要性があるのかどうか存分にあれこれ検討してみると、売却した方が結局は得かどうかがハッキリしやすいでしょう。

    月々のローンの返済がまだ残っている場合でも売却する方法がないわけではありません。

    要するに、ローン会社でなく自分の名前が車検証の所有者欄に記載されていることが条件です。

    所有者のところにローン(信販)会社の名前が記載されている状態だと、残債を返済しきるまでの間は当面、所有者はそこに記載されている会社ということになります。

    つまり、債務がなくなって名義を書き換えてからでないと売れません。

    もし返済中の車を売るのなら、ローン会社から特別に許可を得れば、業者の提示した買取額をもって返済にあてるということも可能です。