トップページ

    このサイトではアコードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アコードの買取相場を検索して高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    ホンダのアコードを高く売るために大切なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社のみとか近所のホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比べることができるので、アコード(ACCORD)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社とダントツ№1!最大で50社にアコードの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからアコードの買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが今乗っているアコードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、ホンダのアコードを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から電話連絡が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アコードの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話もアコードの実車査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアコードの買取相場ってどれくらい?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアコードでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダ・アコードを査定してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛車のアコードを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社がアコードの査定額を出してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアコードを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・アコードの買取査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用したアコードを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは結構うれしいですね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がホンダ・アコードの査定してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    自分が所持している車にこのような値段では売るのは嫌だと思うような金額を出されたら、売るのを止めてしまっても構いません。

    中古車の見積もりを出してもらいに行ったとしても、必ずしも契約しなければならないと言う決まりはないのです。

    最初の段階の見積もりでは納得できないと伝えるとそう言った時から査定額アップの商談が始まるケースもあるでしょうし、もっと高く査定可能な買取会社が存在する可能性も少なからずあるのです。

    自分が納得できない金額を表示されたら「嫌だ」といっても良いのです。

    ほとんどの中古車販売業者は良心的ですが、稀にしか見られない事でしょうが、悪質な中古車買取業者も存在するのです。

    例を挙げるならば、見積もり査定の申し込みの時に、「見積もりした後にその車を持ち帰っても良ければ査定額をアップさせることが可能ですよ」などと言われ、車の即時明け渡しを半ば強制されて、車を引き取ったが最後、お金は払わずに、業者の連絡先も繋がらないという詐欺があります。

    通常行われる手続きをせずにせかせかと車を持っていこうとする会社は特に注意した方が良いでしょう。

    中古車を売却するときに車検が1年1ヶ月以上残っていると、買取店舗によっても幾らか変わるでしょうが、概算で数万円ほどの査定金額のアップになることが予想されます。

    しかし、車検の残りが一年以下の場合ではいくら残りがあったとしても査定額は変化しません。

    残りの車検の期間が長いと査定に有利ではありますが、売却する前に車検を通したとしても車検を実施する費用以上の金額が査定金額に加算されて回収出来ることはないでしょうから、わざわざ手間暇かけて直前に車検を実施しておく利点は何も無いのです。

    パーツを交換したり付加するといったいわゆる改造車は、中古車市場ではあまり良い査定を得られないと言いますが、現物や店舗次第という感じです。

    例えば改造パーツが流行りの品物であったり現在も人気が高いのなら場合によっては加点も期待できます。

    とはいうものの、その部分に劣化や損傷が認められれば業者は買取後に修理しなければいけないので、逆にマイナスをつけられる可能性もあります。

    それとは別に、ユニークすぎるものも買い手がつきにくいので、マイナス要素になりえます。

    減点対象は少ないほど良いので、改造車は極力ノーマルの状態にして査定を受け、パーツはパーツで処分したほうが良い結果を得やすいでしょう。

    中古車買取業者のほとんどは夜でも実車査定に応じてくれるものです。

    明るい昼間より夜間の査定のほうが車体のキズが見えにくいので、マイナス対象が減って査定額が高くなるなどといった説があります。

    ただ、実際にはそれほどの違いはありません。

    たしかに夕方以降や雨の日や曇天なども薄暗いので高額査定になる可能性も否定できません。

    しかし逆に普段より辛めに採点にされる恐れもあるでしょう。

    それに、車が綺麗な場合には晴天のほうが見栄えがしますし、気象条件で査定が変わるような業者では逆に困るのではないでしょうか。

    中古車屋に車で行って現物査定を受けるつもりであれば、お店が特に混雑しているような土休日などでなければ飛び込みOKというところが多いです。

    ただ、持ち込みということになると他社の査定と比較することができないために相場に無知なままで売却することになります。

    ですから相場より安い価格で買い取られても気づかない可能性が高いのです。

    同じ査定なら出張査定で、多くの業者に見積りを出してもらうほうが愛車を高く売ることができるのは間違いありません。

    自分で自動車を持っていると、使用しているいないに関わらず維持費用はかかるのです。

    2年に1度は車検費用がかかりますし、自動車税は毎年、その上自動車保険費用も必要になってきます。

    もっというと、駐車スペースが自分の敷地に確保できない場合には、別途駐車場代もかかってくるのです。

    所有する車を売却するかしないか考えている場合には、結構大きな維持費用を支払っても所有しなければいけないのかじっくり検討してみると、どのようにすべきかという結論が出やすいでしょう。

    単純に考えても、自動車を買いたい人がたくさんいる時期の方が、自動車を売却する人にとっても高く売れる好機であることに間違いありません。

    自動車を購入したいという需要がアップすればその分だけ供給は必須になり、当然のように買取金額も上昇します。

    3月と9月は企業の決算月にあたるのでその他の時期よりも販売店側は車を売ることに真剣になっているので、交渉次第では買取額がアップする可能性が高いのです。

    さらに9月は、夏のボーナスが出てから時間も経っていないため車の売れ行きは良くなるので売却に適した時期と言えますね。

    中古車を売ってしまった後になって、「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」を理由として業者側が車の買取金額を減額したり契約解除などを通達してくる事があるのです。

    万が一事故や故障などで修理した履歴があるのに隠していたのならば売却側に非があると言えるのですが、査定時に何か見落としがあったというならば非難される覚えはないのです。

    納得できない理由で買取額の減額や契約解除を迫ってくるときには、消費生活センターなどに行って、いざこざが起きている旨を話してみると無駄に気をもむ必要がなくなります。