トップページ

    このサイトではアコードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アコードの買取相場を検索して高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    ホンダのアコードを高く売るために大切なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社のみとか近所のホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比べることができるので、アコード(ACCORD)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社とダントツ№1!最大で50社にアコードの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからアコードの買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが今乗っているアコードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、ホンダのアコードを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から電話連絡が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アコードの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話もアコードの実車査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアコードの買取相場ってどれくらい?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアコードでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダ・アコードを査定してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛車のアコードを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社がアコードの査定額を出してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアコードを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・アコードの買取査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用したアコードを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは結構うれしいですね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がホンダ・アコードの査定してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    中古車を高値で売ろうとして買取業者と査定額の交渉を自分でするときに大切だと思われることは、こちらから軽々しく価格を口にしないことでしょう。

    価格交渉以前に相場を確認しているのなら構わないでしょうが、そうでないのならば実際の査定相場よりもグッと低い金額を自分から言ってしまう可能性が出てくるので、そのようなときには自分から損をしてしまいます。

    査定金額についてちょっとでも業者と交渉しようと考えているならば、価格交渉する前に充分に準備してから臨みましょう。

    過去に故障や事故などで修理をしたことがある車は、嘘をついて査定に出したとしても査定スタッフには嘘だと直ぐにバレます。

    軽い損傷程度で済んでいて、それに相応しい修理が実施されているならば修理車と見なされない場合もあったりしますので、素直に話すことも重要でしょう。

    もし多くの買取業者で同じように査定額が付かないと言われてしまった場合には、故障車や事故車を主に扱っている専門業者に見積もってもらうと良いでしょう。

    中古車を少しでも高く査定してもらいたいときには、いざ見積もりに出そうと言うときには充分に清掃しましょう。

    事故歴や過去に修理してもらった場所は消去不可能ですし、隠そうとしてもすぐにバレてしまいます。

    ですが、車の悪臭や車内のシミ、汚れなどはセルフメンテである程度は片付けることができるはずです。

    とりわけ、車の中で煙草を吸う習慣があった人は、タバコ臭が残留しているとそれだけで査定が低くなるので、できるだけ除去しておくようにしましょう。

    ある程度を超えて走行した車というものは、査定時にマイナス評価がつく可能性があります。

    あくまでも業界のセオリーではありますが、5万キロ超走った車は多走行車という扱いでマイナスがつきます。

    極端なところでは10万キロ以上走った車は過走行車と言われ、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。

    しかしまったく売却不能ということではないので安心してください。

    過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、使用可能な部位ごとに価格を算出していき、それなりの額で買い取ってくれるでしょう。

    査定に訪れた業者から高額査定を出してもらうにはある種のコツが不可欠です。

    それは意思表示です。

    つまり、売主側は査定金額さえ良ければいつでも契約するアピールをしてみせ、その上で誠意ある対応を求めるのです。

    営業マンとしても早く契約を決めて車を引き取る日取りがわかれば、中古車として販売する前の下準備の段取りがはっきりするので、お互いに金額交渉がスムーズにいく可能性が高くなるのです。

    個人使用の乗用車の場合、走行距離は一年あたり普通、10000kmが目安と言われます。

    そしてその5倍の5万キロという総走行距離の車は業界では多走行車と呼ばれ、業者が査定をする際もそこは減点対象にしますし、10万を超えた車は過走行車と呼ばれて金額をつけられないからと買い取りを断られるケースもあります。

    その一方で、走行距離が短い車というのも問題です。

    車の年式に比べ走行距離数が短すぎるときは、稼働パーツが劣化していても気づかない場合があり、あまり歓迎されません。

    たとえ全く乗っていなかったとしても持っているだけで維持費がかかるのが自動車です。

    自宅周囲に現実的に利用可能な交通機関が発達している等で、自動車を所有していなくても交通の便に不自由しないならば売りに出してしまうことで家計がかなりスマートになるでしょう。

    車を維持するためにかかる費用の内容としては、車検や定期検査の料金、自動車税や自動車保険代金、自分の家に駐車スペースがなければ駐車場の料金も維持費として挙げられます。

    以上の合計金額を計上すると、意外に高くて年間数十万円にも達することだってあるのです。

    中古車の売却をするうえで、車検の残り期間が沢山ある場合には、査定時にプラス評価が付きます。

    しかしながら有効期間が1年以下になってくると評価も下がっていき、車検切れまで残り半年くらいになると見積金額アップは望めなくなります。

    しかし、中古車査定額を高くしたいがゆえに自動車を売る前に車検をする必要はあまりないと言って良いでしょう。

    2年間近く車検の有効期限が残っているような車でも、車検を通すためにかかった費用分を見積金額のアップで取り戻すことは困難なのです。

    過去に事故を起こした車や過走行車と呼ばれる総走行距離が10万キロ超の車の場合、中古車市場では敬遠される対象なので満足な値段がつかないことも珍しくありません。

    あとは個人でできることといえば、廃車(永久抹消登録)にして「鉄代」を解体業者から受け取る方法もありますし、過走行車や事故車専門店に相談するというのもありでしょう。

    そこでは車は部品の集合として扱われ、パーツごとに値つけをしてくれるため、引き取れないと言われることはまずありません。

    時間と労力、金額のどれを優先するかを考え、自分自身がこれならいいと思う方法を選ぶことが大事です。