トップページ

    このサイトではアコードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アコードの買取相場を検索して高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    ホンダのアコードを高く売るために大切なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社のみとか近所のホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比べることができるので、アコード(ACCORD)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社とダントツ№1!最大で50社にアコードの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからアコードの買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが今乗っているアコードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、ホンダのアコードを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から電話連絡が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アコードの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話もアコードの実車査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアコードの買取相場ってどれくらい?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアコードでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダ・アコードを査定してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛車のアコードを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社がアコードの査定額を出してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアコードを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・アコードの買取査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用したアコードを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは結構うれしいですね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がホンダ・アコードの査定してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    以前事故や故障を起こして修理などをしたことがある車というのは、嘘をついて査定に出したとしても直ぐにそれと分かってしまうのです。

    車体のキズなどが軽く、適切な処理が施されているならば修理車とはならないケースもあるので、隠さずに素直に申告した方が良いでしょう。

    もし多くの買取業者で同じように「買取金額は0円です」と査定されてしまったときには、事故や故障車に特化した買取業者で見積もりを出してもらうと良い結果が生まれるかもしれません。

    売りに出す車を少しでも良いから高く買ってもらいたいのが皆の共通の願いでしょう。

    そんな時は、買取専門店に持って行く前になるべく自らクリーニングすることが大切ですね。

    事故や修理があったことは消せないですし、隠そうとしてもすぐにバレてしまいます。

    一方、嫌な臭いだったり、汚れたシートやカーペットなどはいくらかは自分でメンテナンスする事で落としたり消したり出来るでしょう。

    とりわけ、車の中で煙草を吸う習慣があった人は、悪臭が漂っていると減額対象になりやすいので、消臭スプレーなどで取り除く努力をしましょう。

    ウェブ上の中古車一括査定サイトを使うときのにデメリットになることは、利用した査定サイトに登録している中古車販売店から一度に電話攻勢が始まることでしょう。

    最初のステップとして自分でサイトを活用しているので、仕方ないと言ってしまえばそれまでですが、ストレスがたまるほどしつこく何度もかかってくるときには、現実的に売却予定が立っていなくてもとっくに車を売ってしまって手元にないと出任せを言うのが一番楽に断る方法でしょう。

    到底直せないほどのダメージを受けた車は全損と言われますが、同じ全損にも2通りあります。

    修理しても車としての機能を取り戻せない物理的全損がまず挙げられますが、そのほか、修理費が保険の支給額を上回ってしまうものを経済的全損と言います。

    一般に自動車保険の支払金額というものは、常に変動する市場評価額に則って算出されます。

    この時に根拠になるのが日本自動車査定協会の有するデータで、保険会社はそれを参照して市場の相場を把握しています。

    もし実勢価格と違うと思ったら、きちんとした説明を求めるべきですし、改善してもらう点でもあります。

    年間走行距離数はおおよそ1万kmが標準といわれています。

    総走行距離数が5万キロを超えたところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、いわゆる過走行車(総走行距離10万km以上)までいってしまうと査定額は限りなくゼロに近づいてしまいます。

    その一方で、走行距離が短い車というのも問題です。

    走行距離数が年式の割に極端に短いと、外観からは見て取れない部分の状態が非常に悪くなっていることが多く、敬遠されることがあります。

    売ろうと思って見てみたら、スリップサインが出るほどタイヤが古びていたというのはよく聞く話です。

    しかしわざわざ査定の前にタイヤを新しくする必要はありません。

    タイヤは使えば減るものです。

    それに、買取業者側がタイヤを交換することもザラですから、投資するだけもったいないです。

    そういうわけで、タイヤの劣化が査定額に与える影響はたいしたものではありません。

    せっかく交換しても得することはほとんどないでしょう。

    車検を通らないような改造をしてある車でも、買取査定に出すことはできます。

    そうは言っても、一般的な中古車買取店では必ず買い取りしてくれるとは限らずに、マイナス査定になることが多いことを覚悟した方が良いかも知れません。

    改造車を売ろうと考えているならばきちんと知識があって、独自の販売ルートを持っている改造車専門業者に持って行くのが良いでしょう。

    状態によりけりですが、改造車でも査定額アップが望めるケースもあります。

    自分が持っている車を見積もり査定に出すときには、キズや凹みが目立ってしまうと査定額がダウンするのは避けられませんね。

    目立ってしまう傷や凹みを自分で修理しようとするのは良くありません。

    自動車修理の技術が優れていなければ、パッと見た際にはキレイに見えたとしても専門家の目で見たら綺麗には直っていない事もままあるからです。

    しかし、査定に出す前に修理に出すのが良いということとは違いますから注意しましょう。

    修理にかかった費用以上に査定額が高くなることは望めず、最終的には損をする結果になってしまうのが明白だからです。

    自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、売却のための書類さえ揃っていれば売ることはできます。

    一般的な契約で必要とされる書類のほか、この場合は車検証に記載されている所有者の印鑑証明と、実印を押印した委任状、車を誰が誰に譲渡したのかという譲渡証明書が不可欠です。

    ただ、所有者が故人のときは、印鑑登録も無効になりますから単純にはいきません。

    ですから、所有者の移転登録手続きをして名義を変えてから売却します。

    一般的な売却と違い、亡くなられた方名義の車というのは必要書類も多く、売るのは簡単なことではありません。