トップページ

    このサイトではアコードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アコードの買取相場を検索して高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    ホンダのアコードを高く売るために大切なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社のみとか近所のホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比べることができるので、アコード(ACCORD)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社とダントツ№1!最大で50社にアコードの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからアコードの買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが今乗っているアコードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、ホンダのアコードを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から電話連絡が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アコードの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話もアコードの実車査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアコードの買取相場ってどれくらい?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアコードでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダ・アコードを査定してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛車のアコードを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社がアコードの査定額を出してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアコードを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・アコードの買取査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用したアコードを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは結構うれしいですね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がホンダ・アコードの査定してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    所有する車を手放そうとする際に、車検が1年と1ヶ月以上残っているならば、業者によっても違ってくるかもしれませんが、数万円程度プラス査定になることが多いです。

    車検が残り1年以下の場合には車検までの残りがあったとしても見積もりに影響しません。

    車検までの期間が長い方がプラス査定になるからと言って、車検を実施して直ぐに売却をしても通した車検費用より多くの金額が見積金額に足されて得することは無いのですから、売却前に車検を通してから査定してもらうのは意味が無いといえるのです。

    多いか少ないかの程度も関係してきますが、煙草臭が売却予定の車の中に漂っている場合には査定時に減額されるでしょう。

    車内にタバコを吸っていた形跡がある車というものは、禁煙車にしようと考えているユーザーには売ることは至難の業だからです。

    この煙草の臭いの元は、ヤニ汚れで、その車のどこかに付着しています。

    売却する前にその車を一生懸命に掃除してあげれば、かなりの部分でタバコ臭を軽減できるはずです。

    売却予定の中古車を査定するときには、カーナビ等のオプション品が付属していると査定金額が高くなることが多いでしょう。

    しかしながら、最近発売された車にはカーナビが付いていない方が珍しいので、最新式のカーナビでない場合にはグッと高く見積もってもらえるケースはないといって良いでしょう。

    それから、カーナビ標準装備が当たり前の現代、カーナビゲーションシステムが付属していない場合には低く見積もられる場合も出てきます。

    手間暇かけずに自分の車の買取価格を知ることができる却一括査定サイトというのは誰にとっても有難い存在ですが、その性格上、やっかいなこととして申し込み直後から営業電話がどんどんかかってくることがあります。

    登録したのが仕事でも使っている携帯番号などだと最初の数日は業務にも障りが出かねないので、なるべく当たり障りのない番号にすると良いでしょう。

    断っても再三かけてくるような業者がいたら、ウソも方便で、もう売ってしまったと断ると良いのかもしれません。

    電話一つでも業者の性格が出るのです。

    自動車は国の検査と登録を経て初めて車検証が交付されます。

    そしてそれを基準に5年落ち、10年落ちなどと呼びます。

    よく混同しやすいのですが、製造年ではなくあくまでも初度登録年から数えますから、気をつけてください。

    状態が同じであれば年式の古い車のほうが査定額は低くなり、仮に10年物ならば値段がつかない車も出てきます。

    市場に出せば利益率の低い車で業者泣かせではあるものの、いざ購入する立場で見てみると、その中でメンテの行き届いた車を見つけることができれば、本当にラッキーです。

    人気やその時の市場のニーズによって中古車市場の相場は移り変わるため、査定時に提示された見積額には必ず期限が設けられ、それ以降は無効となります。

    査定見積書のどこかに記載があるものですが、なければ分からなくなりますので、見積りを出してくれた担当者に有効期限を聞いておくべきです。

    もし短ければ交渉次第で訂正もあり得ます。

    有効期限の設定は、長いところで2週間といったところです。

    ただ、中古車の相場の変動が大きい時期になると、短めの設定になることが当たり前です。

    ボディカラーの如何によって、中古車の査定額は大きく変動します。

    定番色と言われる白や黒は安定した人気があるので、見積金額が高くなることが期待できます。

    さらに、定番カラーであるシルバーはボディーについた汚れなどが目立ちにくい特徴もあるのでより人気があります。

    これらとは反対に、それ以外のボディカラーの場合は、あまり査定額アップに繋がらないでしょう。

    流行のボディカラーだとしても、買取をしてから実際に次のオーナーの手にわたるまでには車体の色の流行も変化しているかも知れないからです。

    9月や3月の会社の決算時期や一般人にボーナスが入る季節というのは、不要な車を売るのに適したタイミングはあるのです。

    中古車市場での需要が高まる季節には車の需要につられて中古車買取の相場も高くなるからです。

    しかしながら、車の売却を決めた時期が決算やボーナスの時期と大分離れていた時には、それらのタイミングまで待つ方が良いというわけでもないのです。

    じっさいの売却時期が遅くなれば車の全式も当然ながら進んでいきます。

    相場上昇によって恩恵を被るよりも、年式が進んだことによる査定額ダウンの方が大きくなる可能性だって考えられるからです。

    一般的に自動車業界が考慮する走行距離のスタンダードは年間で1万キロメートルとなっています。

    ただ、1万キロというのは目安としかならず、年式が旧型ならば年間走行距離数はもうちょっと短くなるのが通常でしょう。

    車を買取専門店に査定に出すときには走行距離数が少ない方が有利です。

    そうは言っても、車も機械ですから定期的に動かさないとかえって何かしら不具合が生じやすいものなのです。

    その車の年式に対し走行距離数があまりにも短い場合には、査定額アップの幅は少なくなってしまうのが実情です。