トップページ

    このサイトではアコードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アコードの買取相場を検索して高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    ホンダのアコードを高く売るために大切なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社のみとか近所のホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比べることができるので、アコード(ACCORD)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社とダントツ№1!最大で50社にアコードの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからアコードの買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが今乗っているアコードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、ホンダのアコードを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から電話連絡が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アコードの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話もアコードの実車査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアコードの買取相場ってどれくらい?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアコードでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダ・アコードを査定してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛車のアコードを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社がアコードの査定額を出してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアコードを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・アコードの買取査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用したアコードを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは結構うれしいですね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がホンダ・アコードの査定してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    中古車を高値で売ろうとして車の買取専門業者と金額交渉の際に肝心なのは、自分から安易に希望の査定額を言わないことです。

    価格交渉以前に相場を確認しているのなら構わないでしょうが、確認してないのならば相場の価格よりもずっと低い価格を自分で提示してしまうかもしれないので、そのようなときには自分から損をしてしまいます。

    査定金額についてちょっとでも業者と交渉しようと考えているならば、しっかりと事前に情報を得ておく必要があるでしょう。

    注意して車に乗っていても自然に付く幾分かのキズや微細なヘコみなどは、買取査定時にマイナスされない場合が大半ですし、さほど神経質に気にする必要はないでしょう。

    触ったときに明らかに引っ掛かる程度のキズや明らかにへこみがある場合、塗装がはがれていたりする場合にはマイナス査定になりますが、それを回避するために自らお金を出して修理してもその修繕費用よりも査定金額が上回ることはないでしょう。

    インターネットを介して中古車の無料一括査定を利用したいけれども、名前などの個人情報の記載をなるべく控えたいという時には匿名で査定可能な一括査定サイトを利用すると良いですね。

    でも、名前を明かさずに利用可能なのは無料査定までの話です。

    具体的に査定士に見積もりを依頼するときや、売却する際には、名前などの個人情報公開は必須となるのです。

    中古車買取業者は「古物営業法」に基づいて、契約を交わした相手の個人情報を記録しておくという義務があるのです。

    車の査定を一社でなく複数の業者にさせるというのは、高額査定を引き出すコツと言われています。

    実際に何社以上の見積りをとれば良いのかと聞かれると、交渉次第というところもあって単純には決められません。

    一社にしないで複数の買取業者に見積もらせる意義は何かというと、市場価値を把握して安く売却するのを避けるということと、競合を行わせ価格のつり上げを図ることです。

    本人が納得できるようなら、2、3社でも十数社でも問題ないのですが、査定額には有効期限があるので長期化は禁物です。

    できる限り高値で車を売る方法といえば、一社だけでなく複数の買取業者に査定を出してもらうのがお約束です。

    そうは言っても実際のところ、仕事が休みになるたびに買取業者にそうそう何件も足を運ぶのは難しいです。

    中古車の一括査定サイトなどを利用すれば、そうした事態は避けることが出来ます。

    登録にかかる時間は5分ほどで、それだけでたくさんの会社の査定額を知ることができますから、極めて短時間で成果を得ることができます。

    あえて短所を挙げると、見積りをとった会社全部からいっぺんに電話がかかってきますから、それはそれで面倒です。

    買取業者に車を査定してもらう時は本人が立ち会う必要があるなどとする決まりなどはありませんが、車の持ち主がいない場所で起きがちな問題を回避すべく、夜間査定に対応する業者を探すなどして、本人が査定に立ち会う方が良いです。

    酷い業者ばかりとは限りませんが、なかには人が見ていないのを幸いとばかりにこっそりキズをつけて不当な安値で買おうとする業者もいるようです。

    車体の色によって、同じ車種でも査定額は変わってきます。

    白色や黒色などの無難な定番カラーは安定した市場人気を持っているので、プラス査定になることが多いです。

    また、シルバーカラーの場合は定番であることに加えてボディーなどの汚れが目立たないのでもっとプラス査定がつきやすいのです。

    これらとは反対に、それ以外のボディカラーの場合は、あまり査定額アップに繋がらないでしょう。

    査定の際には流行っているボディカラーだったとしても、買取をしてから実際に次のオーナーの手にわたるまでにはそのボディカラーの流行が廃れていることを考えに入れて査定しなければいけないからです。

    車検を通らないような改造をしてある車でも、買取りしてもらうことはできます。

    但し、普通の買取専門店では買取が成立することは約束できませんし、マイナス査定になることが多い事を肝に銘じておいた方が良いかも知れませんね。

    もしも改造した車を売りたいのならば改造車に造詣が深くて、専門の販売ルートを確立している専門業者で査定してもらい買取の手続きをするのが賢い選択です。

    程度にもよりますが、一般の買取店では出せないような高い査定額を提示してくれる可能性があります。

    自分と仲の良い友人などに車を売る場合には、代金の支払いなどの約束事が曖昧になりやすいですね。

    愛車を売るのはかなり大きなお金が動いて当然の事柄です。

    いくら親しい友人であるからと言っても、いつまでに名義変更をしてもらうかや、車をいくらで売るか、お金をいつまでにどのように支払ってもらうかなど、重要な項目に関しては書類にしておくべきです。

    書面に書き残すのを面倒くさがる相手は、後々いざこざが起きてしまう可能性があるので、なるべくなら売買するのを止めた方が良いでしょう。