トップページ

    このサイトではアコードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アコードの買取相場を検索して高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    ホンダのアコードを高く売るために大切なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社のみとか近所のホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比べることができるので、アコード(ACCORD)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社とダントツ№1!最大で50社にアコードの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからアコードの買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが今乗っているアコードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、ホンダのアコードを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から電話連絡が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アコードの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話もアコードの実車査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアコードの買取相場ってどれくらい?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアコードでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダ・アコードを査定してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛車のアコードを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社がアコードの査定額を出してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアコードを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・アコードの買取査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用したアコードを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは結構うれしいですね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がホンダ・アコードの査定してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    売却予定の車に傷などがある場合には低い査定金額を提示されることがほとんどです。

    でも、それを避けようとして前もって個人でへこみやキズを直すことは勧められません。

    事前に自分で修理しても、修理に要した費用以上にグッと査定金額がアップするとは思えないからです。

    売却予定の車を個人で修理するよりも、中古車を実際に買い取った後で、販売店から提携先の業者に修理をお願いした方が修理コストがかからないからというのが、査定額がアップしない理由です。

    買取業者に見積もりを出してもらうときに入り用になる書類は、車検証と自賠責保険証明書の二つなので誰でも直ぐ分かるところにあるでしょうから、特段、事前に何らかの準備をする必要性はないでしょう。

    しかし、車の売却をするときには車の名義変更をしなくてはいけないので、更に、自動車税納税証明書、印鑑証明書など少々複雑な何種類かの書類が入り用になってきます。

    引っ越しをしていたり結婚したりして住所や姓が変更していて、書類の内容が正しく訂正されていない場合には住所や姓の訂正に関して追加の書類を提出するように言われますから、姓や住所の変更などがあった人は、なるべく早く必要な書類を準備しておくと滞りなく売却が出来るでしょう。

    一般的な中古車買取専門店が査定の際に確認する項目は、大きく分類して車種や車体の色などの基本性能、ナンバープレートを含む外装の傷の状態確認や走行距離数の確認、車の内部の傷や汚れ、臭いがあるかどうか、故障や事故などがあったかどうかの確認等があります。

    このような事項にあてはまる場合はマイナス査定になり、加点されるケースとしては、発売されたばかりのカーナビやオーディオが搭載されている場合などがあります。

    これらの査定結果に加えて現時点での相場価格を考慮して、買取希望者に提示される金額が決定されるのです。

    いまどきの買取業者の多くは夕方であろうと夜であろうと実車査定に応じてくれるものです。

    夜間査定のほうが昼間の自然光よりもボディの傷が目立たないため、マイナス対象が減って査定額が高くなるなどといった説があります。

    ただ、屋外照明が蛍光灯や豆球の懐中電灯だった頃ならともかく、いまとなっては昔話です。

    指摘のとおり夜間の査定は骨が折れるものですし、雨の日や曇天なども薄暗いので見落とす査定士もいるかもしれません。

    また、綺麗に洗車してある車の場合は明るい時間帯のほうがより美しく見えますし、天候次第で査定がコロコロ変わることはないと思っていいでしょう。

    一社でなく複数の買取会社から相見積りを取るつもりであれば、車の買い取りの一括査定サービスを行っているサイト等を使うのが一番の近道でしょう。

    以前はパソコンだけでしたが、今ではスマホ対応サイトも多いので、思い立った時にすぐに査定依頼を出すことができます。

    必要事項を入力して査定結果が出てきたら、高値の業者からいくつか選んで今後の話をすることにして、あとは断りましょう。

    中には常識はずれな営業電話をかけてくる業者がいるようですが、あとでトラブルにも発展しかねないため、はっきり断る意思表示も必要です。

    出来るだけ高額の査定を引き出したいと思ったら、見積もりをとる業者はかならず複数であることが必須事項です。

    しかしながらわざわざ休日に骨折りしてまで複数の買取店を尋ねて回るというのは現実的ではありません。

    中古車の一括査定サイトなどを利用すれば、そうした事態は避けることが出来ます。

    登録にかかる時間は5分ほどで、それだけでたくさんの会社の査定額を知ることができますから、時間も短くて済みますし、何度も同じ作業を繰り返すストレスもありません。

    ただし、あまり数多くの業者を指定するとその会社全部から我先にと営業電話がかかってくるため、それはそれで面倒です。

    買取業者に車を売る際の手続きを具体的にあげると以下の通りです。

    手始めに査定サイトなどから申し込み、実車査定なしの簡易査定額を算出してもらいます。

    それから業者が来て実車査定を行い、車の状態に応じた査定額が決まります。

    提示額が不満なら交渉の余地があります。

    そして価格や条件に不満がなければ売買契約を締結します。

    引取日が来たら車を買取業者に引き渡し、所有者の移転登録等の手続きがひと通り終わった後で業者から売却代の振込があるのが普通です。

    あまり馴染みがないかもしれませんが、自動車を業者に買い取ってもらうのではなくて、個人売買という方法も存在します。

    売買の間に業者が介入しない分だけ、売却する側はなるべく高く、購入する側はなるべく安く売り買いすることができます。

    しかしながら、契約書などの手続きを全て個人で行うことになるので手間取ることが目に見えていますし、金銭トラブルに発展する可能性が少々高くなります。

    お金に関しては、なるべく一括払いで払ってもらうようにすると後々トラブルに発展する可能性が低くなります。

    家族名義の車や別居の親族の車なども正式な手続きを経ることで売却が可能になります。

    一般的な契約で必要とされる書類のほか、この場合は名義人からの委任状(認印不可、実印のみ)と印鑑証明、車を誰が誰に譲渡したのかという譲渡証明書が不可欠です。

    但し、亡くなった方が所有者となっている場合は、印鑑登録も無効になりますから単純にはいきません。

    ですから、運輸支局で移転登録を済ませ、車が新たな所有者のものとなった時点で売却が可能になります。

    その場合は書類も増えますし、売るのは簡単なことではありません。