トップページ

    このサイトではアコードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アコードの買取相場を検索して高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    ホンダのアコードを高く売るために大切なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社のみとか近所のホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比べることができるので、アコード(ACCORD)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社とダントツ№1!最大で50社にアコードの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからアコードの買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが今乗っているアコードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、ホンダのアコードを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から電話連絡が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アコードの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話もアコードの実車査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアコードの買取相場ってどれくらい?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアコードでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダ・アコードを査定してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛車のアコードを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社がアコードの査定額を出してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアコードを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・アコードの買取査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用したアコードを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは結構うれしいですね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がホンダ・アコードの査定してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    売却予定の中古車を査定するときには、カーナビシステム等の付属品がついた状態だとプラス査定になることが多いです。

    でも、新型の車にはカーナビが付いていない方が珍しいので、比較的新型のカーナビでないと大幅な査定金額のアップは望めないでしょう。

    それから、カーナビ標準装備が当たり前の現代、もしも、カーナビがない場合には査定金額からマイナスされるケースもあるのです。

    一般的に中古車の買取市場において言えることは、中規模や小規模の企業と、業界大手の企業では査定スタンスが少々違ってきます。

    大企業は資金力にも恵まれていますし、買い取った車は専用の販売ルートでさばくことができるので、ここぞとばかりに買い取りを進めていきます。

    しかし、買い取りの基準は社内規定で厳しく決められていることが多く、提示された価格に対して交渉できる可能性はあまりありません。

    反対に小規模の買取業者などは一車種ごとに競りで販売することが主ですから、その車を査定した従業員の判断に任される部分が大きいので、これはイケるだろうと思ってもらえれば査定価格が上昇する可能性が大きいかもしれません。

    車を売ろうと思って買取業者に持って行くと、査定額が付かないと言われることがあります。

    一般的に、過走行(走行距離10万キロメートル越え)の車だったり、かなりの大事故で大きく修理した履歴の残ったケースなどは買取額が出ませんと言われることがあるでしょう。

    何社か買い取りを依頼しても同様に査定額がつかないケースでも、廃車にすることを前提として買い取る業者に引き取りを依頼する事もできますから、一概に売却を諦めてしまうこともないと言えます。

    プロが見れば素人がいくら頑張ったところでその車の過去の修理や事故歴といったものは全てお見通しです。

    事実を隠すという行動は業者を騙すのと同じことで、査定額アップの交渉なんてもってのほかでしょう。

    また本来申告すべき情報を隠す行為は保険で言えば病歴を偽って契約する告知義務違反になるわけで、もし発覚すれば解約返金も当たり前です。

    そもそも契約書の規定にも申告に関する文章はぜったいに盛り込まれているはずです。

    簡易査定後に実車査定を受ける段になると、業者は見積もりを出し、その場での契約を迫ります。

    いま決めてもらえたら金額を上乗せするといった熱烈な口上は、すべて営業手法ですから、それが普通なので即決はしないほうがいいです。

    多くの業者に見積額を競ってもらうことが高額査定を得るためのセオリーだからです。

    まずはなるべく多くの業者に査定額を出してもらうことが肝心で、検討材料が揃って納得がいってから話し合いに持ち込む方が絶対にトクです。

    普通の自家用車を処分する場合、選べる方法はディーラーによる下取りか、中古車買取業者への売却です。

    もし売却するつもりであれば多くの業者に見積り依頼を出すことで相互に競争するように仕向け、おのずと高額買取りも期待できるでしょう。

    ディーラーの下取りサービスを利用する場合は、どことも競う必要がないため、競争による高値買取りのようなものは期待できません。

    そのかわり一箇所ですべての手続きが終わるという利点もあります。

    一概にどちらが良いかは言えません。

    自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、手間はかかりますが売れないことはありません。

    まず売買契約に必要な書類のほかに、名義人からの委任状(認印不可、実印のみ)と印鑑証明、売主に車を譲渡したことを証明する譲渡証明書の3つが必要です。

    但し、亡くなった方が所有者となっている場合は、印鑑登録も無効になりますから単純にはいきません。

    ですから、所有者の移転登録手続きをして名義を変えてから売却します。

    その場合は書類も増えますし、売るのは簡単なことではありません。

    自動車を売り払った後になって、「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」を理由として業者側が車の買取金額を減額したり契約解除を通達されることがたまにあります。

    万が一事故や故障などで修理した履歴があるのに隠していたのならば自分側が悪いと言えますが、見積もり時に確認ミスがあったからであれば自分が非難される筋合いはないでしょう。

    どうしても納得いかないときには、消費生活センターなどに行って、いざこざが起きていると話してみると個人で悩むより数倍早く解決できるはずです。

    自分で自動車を持っていると、使用しているいないに関わらず維持費用はかかるのです。

    自動車税は毎年で、二年に一度の車検代、更に任意の自動車保険費用もかかります。

    更にいうと、駐車場付きの持ち家でなければ、別に駐車場代金も必要になってくるのです。

    自分が持っている車を手放そうかどうしようか悩んでいる場合には、これら少額ではない維持費を払ってでも車を持っている必要があるのかどうかという見方で考えてみれば、売却した方が結局は得かどうかがハッキリしやすいでしょう。