トップページ

    このサイトではアコードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アコードの買取相場を検索して高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    ホンダのアコードを高く売るために大切なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社のみとか近所のホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比べることができるので、アコード(ACCORD)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社とダントツ№1!最大で50社にアコードの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからアコードの買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが今乗っているアコードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、ホンダのアコードを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から電話連絡が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アコードの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話もアコードの実車査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアコードの買取相場ってどれくらい?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアコードでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダ・アコードを査定してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛車のアコードを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社がアコードの査定額を出してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアコードを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・アコードの買取査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用したアコードを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは結構うれしいですね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がホンダ・アコードの査定してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    車の査定金額が下がる原因には何点かありますが、大きく見積もり金額を下げる要因の一番大きなものは、その車が事故や故障で修理歴があるということです。

    ものによっては査定金額が付かないところまで下がってしまう時もあるのです。

    そうは言っても、事故などで修理してしまうと必ずしも修理歴車と呼ばれるわけではなくて、売却希望の車の骨格相当部分までダメージが行っていて、大きな損傷を修理した場合に修理歴車と呼称するのです。

    所有する車を手放そうとする際に、車検が1年と1ヶ月以上残っているならば、査定を担当する担当者にもよりますが、数万円程度プラス査定になることが多いです。

    しかしながら、車検まで1年以下しか残っていないときにはいくら残りがあったとしても査定額は変化しません。

    そうは言っても、売る前に車検を実施してもあらかじめ車検をするために掛かった以上の金額が査定価格に加算されて回収出来ることはないでしょうから、手間と時間を掛けて事前に車検を通す必要は全くないでしょう。

    色々な中古売買のジャンルにおいて同じ事が言えると思いますが、めまぐるしく査定額が変わるのです。

    例を挙げると、オープンカーは夏期限定になりやすいなど、一定の車種によっては相場が高値になる地域や季節柄が大体決まってしまうこともあるのですね。

    反対に、どのような車を査定に出してもいえることは、初年度登録日からの日数が過ぎていない方が相場は高くなります。

    車を手放そうと考えたら数日でも早いほうがきっと高く売れるに違いないのです。

    業者が提示した買取額で了解し、売買契約に署名捺印するとなれば、必要に応じていくつかの書類を整えることになります。

    軽自動車は普通乗用車と違う点がありますので分からなければ担当者に聞いて間違えないようにしましょう。

    どちらの場合も必要になるのは車検証で、ほかに自動車リサイクル券(預託証明書)、自賠責保険証明書、直近の自動車税納税証明書が必要になります。

    それから取引の際は実印と、業者の指定する期間内の印鑑証明書が必要です。

    しかし軽乗用車に限っては実印ではなくスタンプ印以外であれば認印で構いません。

    よって印鑑証明書も不要です。

    買い替えで下取りということになれば今までの車に乗ったまま次の車が納入するまで過ごすことができます。

    一方、自分で買取業者を探して売る場合は、日数があくこともあるわけです。

    代替交通機関がないときは、実車査定の段階以前にあらかじめ代車を利用する可能性があることを伝えておく必要があります。

    会社や店舗ごとに代車がないこともありますから、先に確かめておかないとあとになって困ることになります。

    中古車買取り業者による査定の際はぜったい所有者がそこにいる必要があるなどといった約束を設けている業者はいないと思いますが、当事者の一方がいないことで発生するトラブルを未然に防ぐためにも、可能なかぎり車の持ち主が訪問査定時に立ち会った方が良いでしょう。

    トラブルの例としては、所有者がいなければわかるまいともともと何でもない部分に傷をつけたりして不当な安値で買おうとする業者もいるようです。

    愛車を売却する場合に、キレイに掃除をしてから査定に持って行くことは重要です。

    きちんと掃除してから売った方が良い理由には2種類あります。

    1つめの理由としては、自動車査定士に車の扱いが丁寧であると好印象を抱いてもらえる可能性が高いところです。

    2つめは、車内にこびりついた汚れを落とすことでいやな臭いも少なくなるからです。

    タバコの臭いやペット臭が残っていると、この辺は程度にもよって違いますが大きなマイナスポイントです。

    車の内部に汚れがこびりついていると嫌な臭いを発してしまうので、細かな部分まで清掃することでなるべく臭いのない車にすることが可能なのです。

    売却予定の車の現物査定は、買取対象である車を業者のところへ持っていくか、査定士に自宅まで出張してもらうという手もあります。

    自宅に業者が来ても構わないのであれば、訪問査定は金額的に良い結果が出やすいので売る側にとってはありがたいサービスといえるでしょう。

    休日に買取店を車で回るとしたらせいぜい3店位ですが、出張だと数多くの業者による同時査定も可能ですから、各社とも最大限の見積額を出してきますし、そのおかげで普通に売るよりも高い値段で買い取ってもらえるからです。

    中古車市場において、ボディカラーは見積額に直に反映されます。

    いわゆる白や黒の定番色は市場で人気が安定しているので、査定時にプラスの評価が出ることが多いです。

    その上、シルバーは定番色であることにプラスして車体の汚れが目に付きにくいという利点があるので人気も高いです。

    白や黒、およびシルバー以外の車体色に関しては、見積額が高くなるとは考えにくいのです。

    車を査定するときには流行している車体色だとしても、たいてい流行は一過性のもので、その車を買い取ってから売るまでの間にそのボディカラーの流行が廃れていることを考えに入れて査定しなければいけないからです。