トップページ

    このサイトではアコードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アコードの買取相場を検索して高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    ホンダのアコードを高く売るために大切なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社のみとか近所のホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比べることができるので、アコード(ACCORD)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社とダントツ№1!最大で50社にアコードの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからアコードの買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが今乗っているアコードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、ホンダのアコードを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から電話連絡が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アコードの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話もアコードの実車査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアコードの買取相場ってどれくらい?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアコードでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダ・アコードを査定してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛車のアコードを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社がアコードの査定額を出してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアコードを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・アコードの買取査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用したアコードを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは結構うれしいですね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がホンダ・アコードの査定してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    もちろん大部分は良心的ですが、稀にしか見られない事でしょうが、中古車買取店舗の中には悪質なものも存在しています。

    手口の例としては、見積もりを申し込む時に、査定した後に直ぐ車を持ちだしてもOKならば価格を上げましょうなどとうまいことを言われて、直ぐに車を引き渡すように強要させられて、その車を明け渡した後で料金を支払わずに、もう連絡も付かなくなってしまうと言う詐欺の手法があるのです。

    一般的に行う契約手続きを踏もうとしないで何となくせわしく車を引き取ってしまおうとする業者に遭遇したら詐欺を疑った方が良いですね。

    車を売ろうと思って買取業者に持って行くと、値段がつかない場合も出てきます。

    走行距離が10万キロメートル以上の「過走行車」や、事故を起こしてかなりの部分修復した車などの場合は査定金額がゼロ円になることもままあります。

    たくさんの会社で査定してもらったとしても同様に査定額がつかないケースでも、一般的な買い取りではなくて廃車専門の買取業者へ買い取り依頼することもできますから、一概に売却を諦めてしまうこともないと言えます。

    ちょっとでも安価に買い取り、ちょっとでも高価に売るのが車買い取り店舗の査定士の仕事と言えます。

    査定士や営業マンの話す内容を全部信用しきってしまうと、人を見て相場よりもずっと低く買われてしまう時もあるでしょう。

    売却の前に自分の車の査定相場が何円相当かしっかりと調査しておいて、相場よりも安価に契約しようとされたときに自分の方から駆け引きするつもりでいると営業マンのセールストークを鵜呑みにしなくても良くなります。

    これならいいだろうと思える査定金額に達し、これから契約書にサインして売買手続きを進めるとなると、書類をそろえる必要があります。

    普通車と軽自動車では印鑑や書類の種類も違うので不明点があったら営業担当者に確認してください。

    普通車でも軽でも必要なものといえば車検証で、あとはリサイクル券(預託済みの場合)、自賠責保険の保険証、最新の納税証明書の原本が必要です。

    それと、契約には実印と印鑑証明書が不可欠ですが、売却するのが軽自動車のときは市販の認め印が使えるため、印鑑証明をとる必要もありません。

    個人使用の乗用車の場合、走行距離は一年あたりおおよそ1万kmが標準といわれています。

    総走行距離数が5万キロを超えたところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、5万を境にどんどん査定は減点されていき、これが10万キロともなれば過走行車扱いでゼロ円査定などという可能性もあります。

    ただ、走行距離が少ないほど良いとは言えません。

    車の年式に比べ走行距離数が短すぎるときは、機構の状態がむしろ悪くなり、思わぬところが故障していることも充分考えられるからです。

    走行距離数が一定以上の車というのは、査定時にマイナス評価がつく可能性があります。

    減点の目安としては、多走行車と言われ始めるのが5万キロ以上で、極端なところでは10万キロ以上走った車は過走行車と言われ、値段がつけられないと言われることも多いです。

    とは言うものの全くの無価値だとか売れないといったことをここで書くつもりはありません。

    中古車買取店の中には過走行車をメインに扱う業者というのもありますので、そこに査定を頼むと使用可能な部位ごとに価格を算出していき、それなりの額で買い取ってくれるでしょう。

    丁寧に磨いて複数の会社に査定を依頼してもタダみたいな値段しかつかないときは、事故車やワケありの車を手がけている買取業者に査定を依頼してみるという方法もあります。

    複数業者にタダ同然の査定結果をつけられた車も、使えるパーツ単位で査定していくため、値段もつきますし、引き取れないと言われることもありません。

    それ以外には廃車しかありませんが、役所、スクラップ屋、運輸局の手続きの一切を自分でする位なら、業者に一任するほうが早く、確実です。

    専門業者に委託する最大の利点といえば、時間と手間のかかる廃車手続きを代わりにしてくれることと、基本的に車の引取りが無料ということが挙げられます。

    所有する車の相場が知りたいなどの理由で、車の査定に出すときに必要になってくるのは車検証だけですが、いざ売却するときには複数の書類が必要になってきます。

    普通自動車を売却するときには車検証のほかに印鑑証明書や実印、納税証明書や自賠責保険証やリサイクル券が必要になってきます。

    万が一納税証明書を紛失してしまった時には、普通自動車と軽自動車では再発行をお願いする場所が違うのです。

    普通自動車に関しては県などの税事務所で再発行してくれますし、それ以外の軽自動車のケースでは役所の窓口で再発行してくれます。

    オンラインで必要事項を入力して利用する無料の中古車一括査定サイトは、車を手放そうと考えているときには大変役に立つツールです。

    一括査定を申し込んですぐ売却を勧める電話がひっきりなしにかかってきますが、不要な買取会社へは「すでに売却済みです」と言ってしまうことで勧誘の電話を止めることが出来るでしょう。

    査定してもらった業者のうちで売却予定の車に対して高く見積もってくれた数社を選び、実査定を受けてみましょう。

    そうは言っても、見積額の相場よりあまりにも高いような業者には気を付けるようにしましょう。