トップページ

    このサイトではアコードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アコードの買取相場を検索して高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    ホンダのアコードを高く売るために大切なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社のみとか近所のホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比べることができるので、アコード(ACCORD)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社とダントツ№1!最大で50社にアコードの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからアコードの買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが今乗っているアコードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、ホンダのアコードを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から電話連絡が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アコードの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話もアコードの実車査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアコードの買取相場ってどれくらい?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアコードでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダ・アコードを査定してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛車のアコードを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社がアコードの査定額を出してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアコードを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・アコードの買取査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用したアコードを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは結構うれしいですね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がホンダ・アコードの査定してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    雨が降っている日や夜間に査定してもらうと、ちょっと査定額がアップするという話を聞いたことがある人も居るかもしれません。

    夕方からは暗くなって視界が悪くなりますし、雨や雪などが降っていればそれが邪魔になって車のボディーの傷や汚れなどが見にくくなるから有利であると言う訳で夜や雨の日に見積もりした方が良いと言われるのです。

    そんな説があっても、じつのところそれで高値を付けてしまうほど甘い査定をする店舗があるわけはないのです。

    反対に、自分がミスしたときのことを考えに入れて、少々低めの査定額で抑えられてしまうことも充分予想できるのです。

    プロのスキルを持った中古車査定士には単純な嘘はすぐにバレるので止めましょう。

    修理歴のある車だったり事故を起こしたことがある車なのに、それを理由に査定額を下げられたくないばかりに嘘はちょっと調べれば直ぐに判別がつきますし、いい加減なことを言ったことで査定担当者と信頼関係を築こうとしてももう手遅れです。

    でまかせを言ったことが原因で、査定額は厳しくなるかもしれないことが起こっても仕方ありませんから、修理歴などについても包み隠さずにはっきりと申告しましょう。

    買取に出そうと考えている所有車に全く馬鹿にしているような査定金額を算出して示されたときには、売るのを止めてしまっても構いません。

    自分の車の売却価格の見積もりを出してもらったとしても、どうしても契約しなければならない決まりはないのです。

    一番最初の見積金額では売れないと言うとノーと言った時点から、査定金額アップのやり取りが可能になる場合もあるでしょうし、その店にこだわらなくいても、ほかならもっと高値で売却可能かもしれないですよね。

    自分が嫌だと思ったならばハッキリと断りましょう。

    車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の走行距離は一年に普通、10000kmが目安と言われます。

    総走行距離数が5万キロを超えたところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、過走行車といって走行距離が10万キロ以上の車はゼロ円査定などという可能性もあります。

    その一方で、走行距離が短い車というのも問題です。

    総走行キロ数が車の年式の割に少なすぎる時には、却ってパーツが劣化して故障寸前になっている場合があり、あまり歓迎されません。

    業者に車を売却するときの心得として、あとでトラブルにならないためにもこちらが気をつけるべきポイントというのがあります。

    当たり前ですが、契約書にしっかり目を通すことです。

    不要なことは契約書に書かれていませんから、逆に言えば契約書の内容すべてが重要です。

    そして契約書は判を押した時点で効力が生じますし、了解したものという扱いになります。

    事前説明と異なる契約内容になっていないかなど金額やそれに関する諸条件はよく読んで理解しておく必要があります。

    表の文面だけでなく裏の小活字の文章や補足に至るまで読ませてもらい、サインしてください。

    今乗っている車を手放したいと思っても、査定目的で現物をいきなり店舗に持ち込んでしまうというのは良い方法とは言えません。

    相場もわからなければ、よその店の査定額も知らない状態ですから、価格交渉の根拠がなく、安値になる可能性が高いからです。

    考えられる利点というと、スピードです。

    店まで査定対象となる車を運び入れてしまうのですから、あらかじめ書類を整え、必要に応じて実印や印鑑証明も用意しておくと、その日のうちに契約締結も可能です。

    車の売却を考えたときに、買取り業者に売るのとディーラーの下取りで引き取ってもらうのとでは、何を第一希望と考えているかでお勧め度が違ってきます。

    簡単に手続きが済むことを優先するならば、楽な方はディーラーです。

    中古車の売却と新規で購入することが同時にできてしまうので、手間がかからないのが良いでしょう。

    手間を惜しまずに、幾らかでも高く手持ちの車を売却したいのであればディーラーでなく買取業者に依頼する方がベターです。

    何社かの査定士と価格交渉することで、自らの力で査定額を高くすることも出来るようになるでしょう。

    中古車買取店に車を査定してもらいたい場合は、買い取りを行っている店舗に車を持ち込むか、あるいは出張査定サービスを利用するのもありです。

    車を売ることが近所には知れてしまうかもしれませんが、それでも良ければ高額査定になりやすいという点で出張査定はメリットが大きいです。

    この出張査定をうまく利用すると、一度にたくさんの業者に査定に来てもらえますから、査定士もここが正念場とばかり上限価格を提示してきます。

    そのおかげで査定額全体がアップするのです。

    自分の所有する車を売るときにはたくさんの書類が必要になってきます。

    何点かの書類が必要だといっても、車関連の書類をなくさずにひとまとめにしていて、なおかつ住所の変更や姓の変更がないのであれば、新規に取得しなければいけないのは印鑑証明書だけです。

    それから、印鑑証明は所有する自動車を売却する時だけではなく自動車を買うときにも提出が求められますから、2枚同時に取ってくると手間が省けて賢いですね。

    また印鑑証明書の有効期限は発行した日から3ヶ月間となります。

    車を売却すると決めたのならば直ぐに印鑑証明書を取得しておくと、実際の契約時に取りに行くよりも手続きが滞りなく進むでしょう。