トップページ

    このサイトではアコードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アコードの買取相場を検索して高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    ホンダのアコードを高く売るために大切なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社のみとか近所のホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比べることができるので、アコード(ACCORD)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社とダントツ№1!最大で50社にアコードの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからアコードの買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが今乗っているアコードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、ホンダのアコードを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から電話連絡が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アコードの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話もアコードの実車査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアコードの買取相場ってどれくらい?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアコードでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダ・アコードを査定してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛車のアコードを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社がアコードの査定額を出してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアコードを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・アコードの買取査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用したアコードを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは結構うれしいですね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がホンダ・アコードの査定してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    ご存知の方もいるかもしれませんが、車の買取において、中規模や小規模の企業と、業界大手の企業では査定スタンスが少々違ってきます。

    お金を沢山持っているし、専用の販売ルートもある大手の場合は、次から次にドンドンと買取を行うでしょう。

    しかしながら、会社内で取り決められた基準から外れた価格で買い取ることは不可能で、いったん示された査定金額に対し、価格交渉する余地は低いのが現状です。

    反対に小規模の買取業者などは一車種ごとに競りで販売することが主ですから、関与した査定士によるところが大きく、高く売れるだろうと思ってくれれば相場よりも査定額がグッと高くなるケースも出てくるのです。

    車を買い取ってもらう際に起きる恐れのあるトラブルは何個かあるでしょうが、その中にはとても悪質なものも存在します。

    一例を挙げると、業者が見積もりを出して車を引き取った後から、もう一度確認したら不備があったなどと売却金額を下げられてしまう事も実際にたくさん見受けられます。

    最も悪質と思われる業者の場合は、自分の車だけ取られてお金が入ってこないケースも実際にあるのです。

    詐欺まがいのケースに遭遇したときには、あわてずに消費者生活センターや警察などに相談してみることをオススメします。

    もちろん大部分は良心的ですが、数は多くありませんが、悪質な手段を講じる中古車買取業者も中にはあります。

    その手口の一例を挙げると、見積もり査定を依頼する際に、「見積もりした後にその車を持ち帰っても良ければ査定額をアップさせることが可能ですよ」などと言われ、車をなるべく早く引き取りできるように強く希望されて、その車を明け渡した後で料金を支払わずに、もう連絡も付かなくなってしまうと言う詐欺の手法があるのです。

    一定の手続きを踏むことをしないで急いでその車を持って帰ろうとする会社は詐欺だと疑って掛かって良いでしょう。

    備えあれば憂いなしと言いますが、車を売ると決めたら段取りをしておくほうが、訪問査定も気楽に受けることができる上、買取額が増える可能性もあります。

    例えば掃除なら、誰にでも出来ることです。

    ノーマルなら問題ありませんがパーツをいじっている車は、ノーマルの状態に復帰してから査定してもらうほうが良いです。

    中古車買取りの現場ではメーカー純正品を装備した車のほうがプラスの査定がつく傾向にあります。

    他には、もし査定から売却までの期間を縮めたいのであれば、事前に印鑑証明や納税証明書など必要書類を揃えておくと良いです。

    壊れて修理不能な車は「全損」という扱いになるのですが、一口に全損といっても2種類に大別できます。

    物理的全損といって修理すら出来ないお手上げ状態が1つめで、そのほか、修理費が保険の支給額を上回ってしまうものを経済的全損と言います。

    一般に自動車保険の支払金額というものは、生命保険のように確定しているものではなく、その時の市場の評価額を元に算定されます。

    国内の自動車保険各社のほとんどは日本自動車査定協会が出している市場データの冊子を参照して支給額と市場相場に乖離がないように努めています。

    保険会社の決めた額と実際の額に隔たりがあるようでしたら、実際例を示して交渉してみるのもありです。

    チャイルドシートを設置している車を処分しようと思ったら、実車査定前に撤去しておきましょう。

    車の査定は車本体が対象であってチャイルドシートの有無は採点される項目には含まれていないからです。

    ベビーシートもジュニアシートもそれぞれ購入希望者は多いため、ひと手間かけて外して単体で売ると相応の価格で売れます。

    特に人気の高いブランド商品ならなかなかの高値をつけてくれることがあります。

    たとえ新しかったり高級車であっても事故歴があったり、過走行車と呼ばれる総走行距離が10万キロ超の車の場合、市場のニーズが見込めないため、業者側でも値段をつけられないというのが実状です。

    けれども対処法がなくなってしまったわけではありません。

    自分で廃車手続きをして先に支払った税金の還付を受け取るという手もあれば、ワケありの車を専門にしている業者に打診する方法もあります。

    車単位でなくパーツ単位で査定するのが専門業者の特長で、部分ごとに個別に査定を行うので必ず値段がつきます。

    簡単さでは専門業者に勝るものはないですし、納税したばかりなら自分で廃車手続きするのもありです。

    どちらにせよ、結果的にトクする方を選んでください。

    どんな場合でも一緒ですが、「契約書」の中味を充分に把握することは、車売却時に限定したことではなくてどんな売買をするときにもとても大切な事柄です。

    サインと捺印をすれば、そこに書かれていることは全て法的に力を持ったことになります。

    書かれている車の状態は間違っていないか、お金に関するところで分かりにくい記載はないか、充分にみていくことが肝心です。

    何か引っ掛かる点があったら遠慮せずにスタッフに質問することも重要になってきます。

    自分が所有している車を買い取ってもらって、直後に売却金を受け取りたい場合には、売却金を即金対応してくれる業者を探しましょう。

    即金対応可能と謳っていなくても、相談に乗ってくれる店舗も存在します。

    しかしながら、すぐにお金に換えたいと言う場合は、より高い見積金額は提示されなくなる可能性が高いことを覚えておいて下さい。

    即金対応にこだわるのかちょっとでも高く売却したいのか、どちらが優先順位が高いかを良く考慮して、後者が上回るのであればすぐにお金を手にすることばかり固執するのはマイナスと言えるでしょう。