トップページ

    このサイトではアコードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アコードの買取相場を検索して高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    ホンダのアコードを高く売るために大切なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社のみとか近所のホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比べることができるので、アコード(ACCORD)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社とダントツ№1!最大で50社にアコードの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからアコードの買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが今乗っているアコードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、ホンダのアコードを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から電話連絡が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アコードの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話もアコードの実車査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアコードの買取相場ってどれくらい?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアコードでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダ・アコードを査定してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛車のアコードを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社がアコードの査定額を出してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアコードを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・アコードの買取査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用したアコードを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは結構うれしいですね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がホンダ・アコードの査定してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    中古車買取専門店での査定の際には、カーナビゲーションシステムなどのオプションがついていると査定にプラスされることが多いようです。

    但し、古い車種でなければカーナビシステム非搭載の方がめずらしいので、比較的新型のカーナビでないと大きく見積額がプラスになるとは思えません。

    それから、カーナビ標準装備が当たり前の現代、車にカーナビがついていない状態では査定の際にかなり低く見積もられる可能性も出てきますね。

    車の買取業者にはそれぞれ特色があり、軽自動車専門だったり、事故車や輸入車など、限定された種類の車の販売を得意とする、若しくは専門的に販売している店舗が存在します。

    もし自分が売ろうとしている車が軽自動車だったら、軽自動車限定で扱っている会社に売った方が多分買取額が高くなるはずです。

    そのような会社は中古車の一括査定サイトを使ったときに、他の業者よりもちょっと高い金額を表示してくるので、それと分かるのです。

    中古車買取専門店が査定時に確認することは、おおまかに説明すると車種や車体の色などの基本性能、ナンバープレートを含む外装の傷の状態確認や走行距離数の確認、車の内部の傷や汚れ、臭いがあるかどうか、以前事故などで修理した箇所があったかどうかなどを確認します。

    このような事項にあてはまる場合はマイナス査定になり、査定アップの要因になる新型のカーナビやオーディオなどが付属していたらプラス査定となります。

    今現在の相場価格を考慮して以上の結果を総合して、最終的にその車の査定金額が決定されるのです。

    お子さんがいてチャイルドシートを使用している場合、その車を売ろうというのであれば、査定前にはずしておいた方が良いでしょう。

    チャイルドシート類はどこの業者の査定でも不要と見られ、値段がつくことはないのです。

    もともとチャイルドシート自体は需要が高いため、ひと手間かけて外して単体で売ると相応の価格で売れます。

    ブランド品で状態が悪くなければなかなかの高値をつけてくれることがあります。

    車を中古買取業者に売却する場合、悪質な業者に騙されないようこちらが気をつけるべきポイントというのがあります。

    簡単にいえば、契約書をよく読むことです。

    細かい文字まで読まないという人も多いですが、契約書というものは署名捺印が済んだ段階で法的な効力を持ちます。

    営業マンの口約束と契約書の内容に差異はないか、特に金額やそれに関する諸条件は注意しなければいけないのは言うまでもありません。

    裏の小さな文字の文章にも大事なことが書かれていますからすべてに目を通した上でそれで良ければハンコを押すようにしましょう。

    急かす業者は論外です。

    頼んだ買取業者のすべてからタダ同然の値段やゼロ円という査定をされてしまったら、出来ることは限られています。

    そのまま廃車にするか、普通の中古車屋ではなく廃車専門の業者に査定してもらうかは、本人次第です。

    過走行車廃車専門の業者は引き取った車を単体で売ることはあまりなく、使えるところは分解してでも使うというやり方で流通させるのがどちらかといえば本業です。

    だからこそ普通の業者で断られるような車も買取が可能なのです。

    廃車手続きもしてくれるので、ダメ元で問い合わせてみるのもアリでしょう。

    車のローンを完済する前でも場合によっては車を売ることもできます。

    それは車検証の所有者として書かれている名前が売主本人であることが条件です。

    そこにまだローン会社の名前が記載されている状態では、すべての債務の返済が済むまでのあいだは所有者名を変更することはできません。

    要するに、完済して自分名義にしてからでないと売却はできません。

    但し、ローン会社から承認を取り付ければ、車の売却益を返済に充当するという条件つきで売ることができます。

    自動車を実際に売るときには複数の書類の提出が求められます。

    そうは言っても、車に関わる書類を紛失したりせずに一箇所にまとめて保管していて、なおかつ住所の変更や姓の変更がないのであれば、新しく必要になるのは印鑑証明書だけです。

    それから、印鑑証明は所有する自動車を売却する時だけではなく自動車を買うときにも提出が求められますから、売却と購入用に二枚まとめて取得しておくと良いでしょう。

    また印鑑証明書の有効期限は発行した日から3ヶ月間となります。

    車を売ることを思い立ったらすぐに取りに行くようにすれば、後々の契約手続きなどが滞りなく完了します。

    全部を自分自身で手続き可能な予備知識と時間さえあったなら、自動車の売買は個人同士でした方が間に業者を介在させないため一番高値になりやすいでしょう。

    しかし、個人同士で車を売買するとどうしてもトラブルに発展しやすく、特に起きやすいのが車の名義変更に関連したことと料金の支払いです。

    名義変更関連は、決められた日にちまでにしっかりと名義変更してくれるように紙にしたためることで解決します。

    料金の支払いに関しては、初回だけ払って2回目以降は支払ってくれない事がないように一括払いだけで支払いを完了するようにしてもらえば安心ですね。