トップページ

    このサイトではアコードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アコードの買取相場を検索して高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    ホンダのアコードを高く売るために大切なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社のみとか近所のホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比べることができるので、アコード(ACCORD)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社とダントツ№1!最大で50社にアコードの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからアコードの買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが今乗っているアコードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、ホンダのアコードを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から電話連絡が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アコードの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話もアコードの実車査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアコードの買取相場ってどれくらい?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアコードでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダ・アコードを査定してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛車のアコードを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社がアコードの査定額を出してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアコードを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・アコードの買取査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用したアコードを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは結構うれしいですね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がホンダ・アコードの査定してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    いくつかの業者から見積もりを出すことを一般的に相見積もりを取るといいます。

    相見積もりを自宅などに居ながらにして出来るのが、ネットで行う無料中古車一括査定サイトなのです。

    それ以外にも、相見積もりの意味はあって、一緒に同じ時刻にたくさんの査定スタッフに売却希望車を実際に見積もってもらって、全員に査定金額をその場で提示してもらうことも相見積もりに相当します。

    これを嫌がる買取業者も中には存在しますが、大部分は相見積もりをOKして貰えることでしょう。

    買取業者に見積もりを出してもらうときに入り用になる書類は、車検証、及び自賠責保険証明書の2通のみなので、とくに前もって準備するほどのことはありませんね。

    実際の車売却時には名義変更手続きが伴うため、更に、自動車税納税証明書、印鑑証明書など少々複雑な幾枚かの重要書類が必要になるのです。

    最近、結婚したり転居したりして車検証などの内容が現在の住所や姓になっていないときには記載内容の変更のためにさらに必要な書類が増えますから、このような変更がある場合には、あらかじめ確認して準備しておくと良いでしょう。

    査定のプロである担当者にはいい加減な嘘をついても瞬時に分かるので止めた方が良いでしょう。

    実際には事故を起こしたり修理をしたことがあるのに、低く査定されるのを恐れてでまかせを言っても確認すれば判明します。

    さらに、ウソをついてしまったという事実があるとスタッフに「この人は信用出来ない」と思われて当然でしょう。

    最終的に、嘘が原因で厳しめの査定をされることが存分に考えられるので、修理歴などについても包み隠さずにはっきりと申告しましょう。

    壊れて修理不能な車は「全損」という扱いになるのですが、この全損は、異なる二つの意味で使われています。

    修理しても車としての機能を取り戻せない物理的全損がまず挙げられますが、2つ目は保険の支払額で修理費をカバーしきれない経済的全損でしょう。

    保険の支払額というのは時価計算で、生命保険のように確定しているものではなく、その時の市場の評価額を元に算定されます。

    日本自動車査定協会発行のリファレンスなどで保険会社は価格を割り出します。

    保険会社の決めた額と実際の額に隔たりがあるようでしたら、必要に応じて金額交渉したほうが良いかもしれません。

    売却査定において、タイヤの状態は所有者が思っているほど価格に対する影響が少ないものです。

    けれどもスタッドレスタイヤを使用しているなら、面倒でもノーマルタイヤに戻した上で売るべきです。

    スタッドレスだからといって買取拒否されることこそないものの、北陸や北海道などの豪雪地域の冬ならいざ知らず、一般的にはノーマルタイヤの方が需要があるので、交換してからでなければ販売できません。

    当然ながらタイヤ交換費用を引かれた額が買取額となります。

    これから売る予定の車のホイールが純正品でない場合は、業者による査定が行われる以前に、できれば純正品に戻しておきたいものです。

    中には例外的なホイールと車の組み合わせもあるかもしれませんが、たいていはメーカー純正品だとプラス査定がつくことが多いのです。

    屋外環境は素材の劣化を招くので屋内か、でなければカバーをかけるなどして大事にしましょう。

    状態にもよりますが、他社製ホイールというのはフリマアプリなどで高値売却できる場合も多く臨時収入も期待できます。

    自分の持っている自動車を売りに出す前にキレイに洗っておくことは、査定額にダイレクトに反映するわけではないのですが幾らかでも高額に見積もってもらいたいと考える全ての人に実行してもらいたいことです。

    実は自動車が洗車してあってもそうでなくても、ほとんど査定アップには繋がりません。

    でも、愛車を丁寧に扱うオーナーであると言うことを印象づけるポイントになり得るのです。

    車の扱いが丁寧でない持ち主よりも店舗側から見たら信頼感が増すでしょうし、見積金額が高めに付く可能性が出てくるのですね。

    自分が乗っていた車を買い取りに出す場合に、査定項目の中にタイヤの溝の磨り減り具合も入っているため、残りが少なくなっていたら査定金額からマイナスされます。

    しかしながら、車を手放す前に新しく購入してタイヤを付け替えてもかかった費用以上の上乗せは見込めないので、新品のタイヤに履き替えるのは無意味と言って良いでしょう。

    ただ、スタッドレスタイヤを履いている時は、あらかじめ通常のタイヤに戻しておいた方が良いでしょう。

    スタッドレスタイヤは時期や季節によって需要の有る無しがハッキリしているために、査定時に減点されてしまう可能性が高いのです。

    自動車に掛かる税金の話をすると、毎年の4月1日に車を所有している人に対して1年分の請求があるのです。

    しかしながら、車を手放すときには、払った税金の残りがプラスに査定されますから、損したと思うようなことはないのです。

    ただ、自動車重量税については同様ではなく、廃車にするケースを除いては還付されるようなことはありません。

    還付制度がないと言っても、税金支払いの期間が残っている場合、その金額を見積額にプラスしてくれるときもあります。

    自動車重量税に関しては買取業者と直接交渉してみると良いですね。