トップページ

    このサイトではアコードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アコードの買取相場を検索して高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    ホンダのアコードを高く売るために大切なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社のみとか近所のホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比べることができるので、アコード(ACCORD)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社とダントツ№1!最大で50社にアコードの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからアコードの買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが今乗っているアコードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、ホンダのアコードを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から電話連絡が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アコードの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話もアコードの実車査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアコードの買取相場ってどれくらい?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアコードでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダ・アコードを査定してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛車のアコードを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社がアコードの査定額を出してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアコードを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・アコードの買取査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用したアコードを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは結構うれしいですね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がホンダ・アコードの査定してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    最近のことですが、中古自動車販売の最大手で一般の方向けの車査定アプリケーションを提供していますが、プロ仕様の中古車査定支援アプリも存在します。

    これは、実際の査定業務経験があまりなくてもこれを使用すれば査定がしやすくなるでしょう。

    専用機器とこの業務用アプリを同時に使うことで、これから見積もりを出そうとしている車の過去の修理の有無がすぐに分かってしまうことが多いというのですから優秀なアプリですね。

    WEB上で確認できる車の査定額は、あくまでも簡単な査定方法にて見積もった金額です。

    たとえ全く同じ車種で年式も同じだとしても、個々の車により状態は同じではありませんから、詳細な見積額というのは中古車を見ながら確認しないことには導き出せません。

    このような事情から、Webで確認した査定相場と同一の金額が絶対に実際の買取現場で提示されるのではありませんから、自分で覚えておく必要があるでしょう。

    ご存知の方もいるかもしれませんが、車の買取において、大手の買取会社と小中規模の買取店舗では中古車査定時の姿勢がちょっと違ってくるのです。

    自前の販売ルートが確保できている大手の企業の場合は、同時に資金力も豊富ですから、中古車を積極的に買い取るのです。

    しかし、買い取りの基準は社内規定で厳しく決められていることが多く、自分で金額の交渉をしようにも最初からその幅がないのが本当のところです。

    大手の買い取り専門店と比較して小規模や中規模の場合は、オークションを利用して一つ一つ手売りする場合が大半なので、中古自動車査定士の独自の判断で高値が付きそうだと思えばかなり見積金額が高くなる事もあり得るのです。

    一箇所ならぬ複数のところから査定ゼロという返答が来た場合、所有者が選ぶ道は2通りあります。

    そのまま廃車にするか、普通の中古車屋ではなく廃車専門の業者に査定してもらうかは、本人次第です。

    ワケありの車を扱う業者は買取後、その車を中古車として流通させることは少なく、使用可能なパーツに分けて売るといった方法で利ざやを稼いでいます。

    つまり、よそがやらない手間をかけているためにワケありの車もそれなりの評価で値段をつけることが可能なのです。

    そのまま廃車に直行するより、こちらの方がオトクです。

    また、廃車手続きの代行も行なっています。

    普通の自家用車を処分する場合、選べる方法はディーラーによる下取りか、中古車買取業者への売却です。

    もし売却するつもりであれば多くの業者に見積り依頼を出すことで業者間の競争心を煽り、査定価格の底上げを図ることもできます。

    その一方、下取りはというと、一社のみの独占ですので競争による高値買取りのようなものは期待できません。

    そのかわり一箇所ですべての手続きが終わるという利点もあります。

    どちらを選ぶかは車の持ち主次第です。

    車の売却時にまだローンが残った状態だと、いったん完済しなければ売却は不可能ですから注意が必要です。

    というのは、返済中はローン会社が車の所有権を持っているため、所有者としても普通はローン会社が登録されているからです。

    残債を売却前に払い終えてしまえるようでしたら問題ないものの、できないのであれば例えば買取額から債務の残りを差し引くというやりかたもあります。

    しかしこれにはローン会社の許可が不可欠で、必要書類も多くなります。

    自分が車の所有車になっているということは、使用頻度が極端に少なくても維持費は同様にかかります。

    車検代は二年に一度、自動車税は毎年かかりますし、更に任意の自動車保険費用もかかります。

    もっと言うならば、アパートなどに住んでいる場合には、別に駐車場代金も必要になってくるのです。

    車を売ろうかやめようかと考え中の場合、これら少額ではない維持費を払ってでも車を持っている必要があるのかどうか充分に検討してみれば、売却するべきかどうかに白黒つけやすいのではないでしょうか。

    業者に依頼して車を売るのは初めてという人も少なくないでしょう。

    次のような流れになりますので参考にしてください。

    売却の第一歩は査定です。

    まず査定サイトで車のデータを登録し、実車査定なしの簡易査定額を算出してもらいます。

    それから現物を業者から派遣された査定士が判定し、車の状態に応じた査定額が決まります。

    金額に不満があれば断ってもいいですし、交渉して価格や条件に不満がなければ売買契約を締結します。

    引取日が来たら車を買取業者に引き渡し、業者側で名義変更の手続きなどが行われたあと指定した口座に売却代金が振り込まれます。

    自己所有の中古自動車を査定に出す際には、ボディーに目立つ傷や凹みなどがあるときには減点されます。

    このような場合、自分の判断で修理するのはあまり勧められませんね。

    それなりに自動車修理の腕前を持っている人でもない限り、一見するとキレイになっていても専門家の目で見たら綺麗には直っていない事もままあるからです。

    でも、見積もりに出す前に車の修理を依頼する方が良いということとは違いますから注意しましょう。

    修理にかかった費用以上に査定額が高くなることは望めず、結果的に自分が損をしてしまうだけだからです。