トップページ

    このサイトではアコードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アコードの買取相場を検索して高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    ホンダのアコードを高く売るために大切なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社のみとか近所のホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比べることができるので、アコード(ACCORD)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社とダントツ№1!最大で50社にアコードの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからアコードの買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが今乗っているアコードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、ホンダのアコードを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から電話連絡が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アコードの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話もアコードの実車査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアコードの買取相場ってどれくらい?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアコードでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダ・アコードを査定してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛車のアコードを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社がアコードの査定額を出してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアコードを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・アコードの買取査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用したアコードを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは結構うれしいですね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がホンダ・アコードの査定してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    ウェブ上の中古車一括査定サイトの中には、自分の名前を記載せずに査定を受け付けてくれる場合もあります。

    結果を連絡してもらうために連絡先は書くようですが、誰しもむやみに個人情報は教えたくないでしょうから、有用なサービスと言えます。

    また、連絡先すら秘密にしたまま中古車の相場金額が分かるものとしては、メーカーのサイト上で車種や年式などを入力することで、現在の参考相場が分かる場合があります。

    でも、算出された価格はおおざっぱなものですから、やはり詳細な金額ではないので、あまり参考になるとも思えません。

    一般的に中古車の買取市場において言えることは、中規模や小規模の企業と、業界大手の企業では査定スタンスが少々違ってきます。

    大企業は資金力にも恵まれていますし、買い取った車は専用の販売ルートでさばくことができるので、車を躊躇せずに買い取っていきます。

    その一方で、基準に則った買取価格しか表示できず、自分で金額の交渉をしようにも最初からその幅がないのが本当のところです。

    大手と比較して中小はひとつひとつ丁寧にオークションを通して販売することが主で、関与した査定士によるところが大きく、高く売れるだろうと思ってくれれば見積もりがアップする可能性が大きいのです。

    売却予定の中古車を査定するときには、カーナビシステム等の付属品がついた状態だと査定額が高くなる傾向にあります。

    ただ、最近発売されている車にはすでにカーナビは付いているのが当然ですから、新しい型のカーナビシステムが付いていないと査定額がグンとアップするとは考えにくいのです。

    また、カーナビが付いているのが当然の時代ですから、カーナビシステム非搭載の時には査定の際にかなり低く見積もられる可能性も出てきますね。

    古い車を売却してから今度の車の納車日までに日にちがあいてしまうことも考慮しなければいけません。

    家族の車や公共交通機関などで対応できればよいのですが、仕事や通勤などで車が必須であればやはり代車手配ということになるでしょう。

    しかしながら代車の手配というのは、どこの中古車買取業者でもしてくれるわけではないので注意が必要です。

    あとになって慌てないよう、一括査定を申し込む時に代車を条件に上げ、会社ごとに聞いておくと良いでしょう。

    使い込んでスリップサインが出ているような状態であろうと、わざわざ査定の前にタイヤを新しくする必要はありません。

    いかなるタイヤであれ消耗品であることに違いはありませんし、売却後に業者のほうで今の流行に合ったタイヤにつけなおして売るのが極めて普通に行われているからです。

    つまり本体に比べタイヤ劣化による査定の減額は微々たるものです。

    手持ちのタイヤを自分で交換するなら構わないですが、実際にそれで査定額アップは期待できないですから、掃除するだけに留めるほうが無難です。

    10対0で先方に過失があって追突され、車に損傷が生じた場合、それはそれでつらいですが、あとでディーラーの下取りや中古車買取に出す際は事故車扱いになりますから、値段がつかないこともあります。

    恨めしいところですが、事故の相手にはこのマイナス分は請求できるのでしょうか。

    それは交渉次第で可能な場合もあれば、ダメなこともあります。

    仮に当事者同士で話し合っても自動車保険会社は保険金の支払い対象として認めることはほぼないです。

    どうしてもというのであれば、裁判も辞さない覚悟で弁護士と対応を話し合う必要があります。

    乗っていなくても所有しているだけで維持費がかかってしまうのが自家用車です。

    自分の家の周辺にバスや電車等の路線が発達しているなどの理由から、自分で車を所持しなくてもそれ程大変ではないのならば手放すことで家計簿的に大きく削減可能です。

    維持費の内訳を見てみると、自動車税や保険料、さらには車検代、別に借りている場合には駐車場代などがあります。

    全ての合計を見ると、およそ年間数十万円にもなる場合だって珍しくありませんからビックリですよね。

    自賠責保険という言葉を知っている人は多いでしょう。

    これは自動車を持っている人なら加入が義務づけられているのですが、一定の条件が整えば車を手放す際にお金が戻ってくることがあります。

    その気になる条件ですが、廃車にすることを決め、その時点で自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている状態の時です。

    廃車にせずに車を売却するときは還付されないのです。

    それから、戻ってくるお金がある場合にも勝手に振り込まれるわけではないのです。

    自賠責保険会社に対して自らが書類の手続きをして還付されるものなのです。

    手間ひまかけて掃除して複数の業者に査定を頼んだにも関わらず、ほとんどゼロ円査定のような状態になってしまったときは、事故車やワケありの車を手がけている買取業者に査定を依頼してみるという方法もあります。

    どこの査定士からもサジを投げられた車でも、専門業者なら車としてでなく部品取りとして査定するので、買い取りが可能なのです。

    それ以外には廃車しかありませんが、時間と手間を考えると廃車業者に売るほうが格段に簡単です。

    そうした業者の取り柄というと、多忙な所有者に代わって廃車手続きをしてくれることですし、その上、車の処分にかかる費用が無料で済むというところです。