トップページ

    このサイトではアコードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アコードの買取相場を検索して高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    ホンダのアコードを高く売るために大切なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社のみとか近所のホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比べることができるので、アコード(ACCORD)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社とダントツ№1!最大で50社にアコードの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからアコードの買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが今乗っているアコードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、ホンダのアコードを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から電話連絡が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アコードの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話もアコードの実車査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアコードの買取相場ってどれくらい?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアコードでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダ・アコードを査定してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛車のアコードを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社がアコードの査定額を出してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアコードを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・アコードの買取査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用したアコードを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは結構うれしいですね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がホンダ・アコードの査定してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    たいていの場合、車を売ったときに買取会社などから査定書が発行されることは珍しく、査定書が欲しいと言っても出してくれないことが多いです。

    遺産相続の手続きの際や、自己破産申告を行う際の資産証明などで車の査定書がどうしても必要になった時には、日本自動車査定協会、通称JAAIに査定を依頼する必要が生じます。

    日本自動車査定協会の事業所は国内に50ヶ所以上あって、有料での査定になっています。

    それから、事前に査定の申し込みが必要です。

    大方の業者には当てはまらないことですが、ごくごく一部には、中には極悪な買取業者もあるのです。

    その手段の一例としては、査定申し込みの段階で、査定した後に直ぐ車を持ちだしてもOKならば価格を上げましょうなどとうまいことを言われて、車をなるべく早く引き取りできるように強く希望されて、車を引き取ったが最後、お金は払わずに、その会社の連絡先がなくなっているという手口の詐欺も横行しています。

    決められた一定の契約手続きを行おうとせずに妙に早く車の明け渡しを迫る会社には注意が必要ですね。

    査定の専門家にはちょっとした嘘は瞬時に見破られます。

    本当のところは事故車や修理歴のある車であるのに、それを理由に査定額を下げられたくないばかりに「ないです」と嘘をついても確認すれば瞬時に判明しますし、口からでまかせを言ったことが災いして信頼関係を担当スタッフと築こうなんて事はもう無理難題です。

    結果的に、厳しい見積額を提示される可能性が考慮されますから、査定する車の状態については隠し立てしないようにした方が良いですね。

    乗用車は普通、初度登録の年月をベースに古さを表す意味で、何年落ちといった言い方をします。

    実際には製造年からカウントするのでなく、その車が初めて登録された年数ですからうっかり間違えないように気をつけましょう。

    年式の古い車は査定額が落ちるのが普通で、10年目からは過走行車ということで非常に低い価格になるのが普通です。

    売る方にすれば気の毒な話ですが、もし購入する気持ちで考えてみると、10年落ちで安い価格帯になっている車の中には状態の良いものもあるわけで、探し方次第では掘り出し物が見つかるかもしれません。

    トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、1万キロ前後と想定されています。

    年式を問わず走行距離数が5万を超えた車は多走行車と言われて買取査定の際にはしっかり減点されます。

    また、過走行車といって走行距離が10万キロ以上の車は査定額は限りなくゼロに近づいてしまいます。

    ただ、走行距離が少ないほど良いとは言えません。

    総走行キロ数が車の年式の割に少なすぎる時には、稼働パーツが劣化していても気づかない可能性も高く、引き取り拒否ともとれる見積り額を提示されることもあります。

    備えあれば憂いなしと言いますが、車を売ると決めたら段取りをしておくほうが、急に実車査定ということになっても落ち着いていられますし、買取額が増える可能性もあります。

    準備というと大げさな気がしますが、車内外の掃除は不可欠です。

    もし改造パーツを取り付けているのでしたら、可能な限り純正パーツに交換しておきたいものです。

    業者による査定では純正品のままのほうがプラスの査定がつく傾向にあります。

    最後に、もしなるべく短時間で売却したいという時は、売却先を決める前に契約時に要求される書類を用意しておくと手続きがスムースです。

    個人で所有する車を手放す時に、買取業者に売却するのではなくて、対個人で売却する方法もありますね。

    中間業者が入らない分、両者が得なように売買契約を結ぶことが可能になります。

    でも、契約に関する手続きなどは全部個人間で執り行いますから非常に手間がかかりますし、金銭トラブルに発展する可能性が少々高くなります。

    お金に関することは、できるだけ分割での支払いをしないようにすると後々トラブルに発展する可能性が低くなります。

    車を査定してもらうときには車検証だけあれば良いのですが、実際に売却すると決まったら必要書類をいくつか準備しなければなりません。

    一般的な普通自動車の売却に際しては車検証以外に自賠責保険証や納税証明書、リサイクル券、その他に実印や印鑑証明書を用意しなくてはなりません。

    仮に納税証明書をなくしてしまった場合には、一般的な普通自動車と軽自動車の場合では再発行してくれるところは異なってきます。

    売ろうとしている車が普通自動車だったら都道府県の税事務所ですし、普通自動車以外の軽自動車は市役所などが受付窓口になるのです。

    車の査定をしてもらいたいと思ったら、買い取りを行っている店舗に車を持ち込むか、あるいはあらかじめ予約した時間に家まで来てもらうやり方とがあります。

    家に他人が来るのは構わないという状況なら、査定士に出張してもらうことは、高値売却を狙えるということで売主側にとってはベターと言えます。

    この出張査定をうまく利用すると、多数の業者に同時に査定させることができます。

    つまりどうしても他社と競合せざるを得なくなり見積額があがって、高値売却が見込めるのです。