トップページ

    このサイトではアコードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アコードの買取相場を検索して高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    ホンダのアコードを高く売るために大切なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社のみとか近所のホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比べることができるので、アコード(ACCORD)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社とダントツ№1!最大で50社にアコードの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからアコードの買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが今乗っているアコードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、ホンダのアコードを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から電話連絡が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アコードの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話もアコードの実車査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアコードの買取相場ってどれくらい?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアコードでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダ・アコードを査定してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛車のアコードを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社がアコードの査定額を出してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアコードを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・アコードの買取査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用したアコードを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは結構うれしいですね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がホンダ・アコードの査定してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    中古車の査定額の基準はいろいろあります。

    その中でも、その見積金額に大幅に影響を及ぼすのが走行距離です。

    基本的には、その車の走行距離が長くなるにつれて査定額はどんどんダウンします。

    総走行距離数が5万km以上の車は「多走行車」と呼んでいて、マイナス査定に影響する結果となる場合が多いです。

    10万kmを越えて走っている車は「過走行車」と呼ばれて、ものによっては査定額が付かないことも出てきます。

    大抵の中古車買取業者においては、見積もりに要する時間はただ待っているだけの時間を除くと約10分から15分程度です。

    さほど時間がかからないのは、車種ごとで現段階での中古車のオークションの相場などを基本としてあらかじめ基本となる査定金額が決定されていて、ベースになる査定額から車のパーツの状態、それに走行距離などを目視して、車の状態に応じた査定額のアップダウンをすれば最終的な査定金額を導き出すことが可能だからです。

    中古車売却の際には、なるべく沢山の会社に査定をしてもらってから売却先の店舗を決めるのが、できるだけ高値で車を売る秘訣と言えますね。

    多数の買取会社のスタッフに同時に見積もりを依頼して、査定額を競争させるというのも有利にはたらく方法です。

    何か後ろめたく思う人もいるかもしれませんが、結構あることですので、査定スタッフに気兼ねする必要などないのです。

    それと、実際に契約する段階になった時には取り交わす契約書の全文を熟読することも必要です。

    乗用車は普通、初度登録の年月をベースに「何年落ちの車」などと言って古さを表します。

    勘違いされている方も多いのですが、製造年は関係なく初めて登録した年から数えるので要注意です。

    高年式の車ほど査定額は低くなっていくものですから、10年落ちの車などは驚くほど低価格になりかねません。

    売る方にすれば気の毒な話ですが、買う側から見れば状態次第ではそうした車は宝の山とも言えます。

    普通の中古車屋の場合、買取査定は無償というところが圧倒的に多いです。

    しかしながら手間がかからないからとディーラーの下取りで済ませてしまうと、下取額はまずまずでも査定手数料をとられていたなんていうパターンも多いです。

    中古屋の買取額とディーラーの下取額が同じであれば、査定手数料分だけ下取の方が損ということになります。

    同じ「中古車」なので買い取りだろうと下取りだろうと似たようなものだと思っているとしばしば起こりうる失敗です。

    だからこそ、契約書にサインする前に査定手数料は必要なのかを念のために確認するようにしてください。

    有料だからといって悪いわけではありませんが、知っていれば事前交渉によっては無償にしてくれることもあります。

    中古車の相場は変動するので実車査定は欠かせませんが、その方法は簡単に分けると2種類です。

    まず、広く知られているのはディーラーによる下取り査定でしょう。

    もっとも手軽で普段から車を使う人にとっては足がない期間の心配が要らないので良いのですが、下手をするとディーラーの言い値になるため結果的には買取業者に頼むよりも低い買取り価格になるようです。

    では中古車買取業者に査定依頼するとどうなるのかというと、一度に複数の業者が査定に参加するため、結果的にディーラーの下取りよりは高値になる可能性が高いです。

    当たり前の事でしょうが、自動車を買取査定に出すときには、傷が目立ったり凹みがある車体の方が査定額は低くなります。

    しかしながら、自分でそれらの傷を補修しようと考えると、プロが見たら修繕前よりも却って傷が目立つようなケースが散見します。

    誰が乗っても自然に付いてしまうようなごく薄い傷などは、あまり査定額減少の対象とはならないケースが多いのです。

    素人で自動車修理をしたことが無い人の場合は、無理矢理自分で補修しようとせずに、傷やへこみのあるまま査定に出してしまった方が良い結果を生むことが多いです。

    自家用車を手放そうと決めたら、出来るだけ綺麗に清掃してから車を売りに出すことです。

    この訳は2つです。

    最初は自動車を丁寧に扱っていたと良い印象を査定スタッフに与えられる点です。

    もう一点の理由は、自動車の中に染みついているいやな臭いを軽くする効果があるからです。

    タバコの臭いやペット臭が残っていると、具合がどの程度かにもよってきますが査定額を減額されても文句は言えませんね。

    車の内部に汚れがこびりついていると嫌な臭いを発してしまうので、細かな部分まで清掃することでほぼ嫌な臭いの感じないところまで軽くする事ができるでしょう。

    愛車を手放そうとして買取に出すときには、タイヤの溝の磨り減り具合も査定項目の中に入っているため、残りが少なくなっていたら査定金額からマイナスされます。

    でも、売りに出す寸前にタイヤを新しく購入しても購入費用以上に査定額がアップすることはないでしょうから、行う必要性は全くないでしょう。

    しかしながら、履いているのがスタッドレスタイヤの場合には、実査定を受ける前にスタッドレスではなくてノーマルタイヤに戻した方が良いでしょう。

    需要のある時期と季節が限られているスタッドレスタイヤは、査定額が下がってしまう原因になるのです。